ニキビ肌改善 について USEFUL CONTENTS お役立ちコンテンツ

ニキビ跡が消えない!治らない!そんなときの対処法

お化粧は薄めに、気になる場所だけコンシーラー使い

しっかりスキンケアをしていれば、お肌の自然な再生力で少しずつ改善してゆくニキビ跡ですが、どうしても時間がかかりますし、思うように治らないこともあります。つい不摂生をしてしまい、ニキビ跡が増えてしまうことも。「すぐにニキビ跡を目立たなくしたい!」 そんな時に役立つ対処法をご紹介します。

ニキビ跡を隠したいからといって、ついついファンデーションを厚塗りしていませんか? 特にクレーター状のニキビ跡はでこぼこが目立ってしまうので、厚めに塗りこんでしまいがちです。
しかしリキッドタイプやクリーム状のファンデーションには油分が多く含まれ、専用のクレンジング剤を使わなくてはなりません。どうしても肌への負担が大きくなってしまいます。

そこで、おすすめはパウダータイプのファンデーションです。油分が少ないので、肌への負担が少なく、通常の洗顔料で落とせますから、毛穴のトラブルを減らすことができます。
赤紫や茶色のニキビ跡が気になる場合は、イエロー系のファンデーションがおすすめです。
また、下地にイエローやグリーン、またはブルーのコントロールカラーを使うと、さらにお肌の赤みをおさえることができます。クレーター状ニキビのデコボコが気になる時は、つや肌ではなくマットな仕上がりにすると目立ちにくくなります。

それでも、色が濃いニキビ跡はどうしても目立ってしまうことがありますよね。そんな時はコンシーラーが活躍します。ピンポイントでカバーすれば、お肌にかかる負担も少なくてすみます。
さらに、紫外線によるダメージを減らすため、下地クリームやファンデーションはUVカット機能が入ったもの選ぶようにしましょう。

洗顔でお肌をきれいな状態に

ニキビ跡の改善には、お肌がスムーズに再生できる環境が大事です。生まれたばかりの表皮細胞が次第に上に押し上げられ、角質化してはがれおちるまでのサイクルは、若いときで28日、年をとるにつれて長くなる傾向があり、50代では50日程度かかるとも言われています。

お手入れの基本は洗顔。清潔にすることで雑菌が毛穴に入ることを防ぎ、お肌のターンオーバーも促します。
ただし、ニキビが気になるからといって、ゴシゴシと洗顔料を肌にこすりつけるのはNGです。肌が本来持っている天然の保湿成分まで洗い落としてしまい、肌のバリア機能が失われてしまうからです。
むきだしになったお肌は、紫外線・アレルゲン・乾燥などの刺激を直接受けてしまうので、かえってトラブルを起こしかねません。

汚れだけを落とし、肌の保湿成分を残すには、次のような洗顔方法がおすすめです。
まず、ぬるま湯で軽く汗やホコリを落とし、それからたっぷりと泡立てた洗顔料で、軽く円を描くようにして洗います。洗い終わったら、洗顔料を肌に残さないよう、しっかりとぬるま湯で流します。
髪の生え際やフェイスラインなどは洗い残しが多いので特に念入りに。

最後は清潔なタオルで、肌を押さえるようにして水気を取りのぞきます。この時も強くこすらないように気をつけましょう。

美容液でお肌のメンテナンス

洗顔のあとに忘れてはいけないのが、保湿。本来、肌には皮脂やセラミドなどの天然保湿成分が備わっていて、自然に潤いが保てるしくみになっていますが、紫外線や乾燥などの刺激によってお肌が荒れてしまうと、自然のしくみだけでは十分な保湿ができなくなってしまいます。
肌が乾燥すると角質層が硬くなり、ターンオーバーがスムーズに進まないばかりか、毛穴がつまりやすくなってニキビが発生しやすい状態になります。そうならないために、保湿用化粧品や美容液でしっかりとお手入れしましょう。

美容液には、潤いを与える以外の効果もあります。色素が沈着して茶色くなってしまったニキビ跡を改善するには、美白効果のあるものがおすすめです。
特にビタミンC誘導体入りの美容液も優れものです。炎症のときに発生する活性酸素は、まわりの組織をこわしてしまいますが、ビタミンCは危険な活性酸素を無害化してくれるのです。

ビタミンCが効率よく肌に吸収されるように加工されたものがビタミンC誘導体です。ビタミンCにはメラニン還元効果もあるので、美白作用も期待できます。
でこぼこになってしまったニキビ跡をなめらかにする美容液もあります。美容液を賢く利用して、みずみずしいお肌を目指しましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

  • 自宅でできる!ニキビ跡のケア方法2選

    ニキビ跡には3つのタイプがありますが、このうち自宅でのセルフケアでも跡を薄くしていけるのは赤みが残るタイプのものと色素沈着があるタイプのものです。 赤みが残ってしまったタイプは、ニキビ跡の中でも一番

  • 嫌なニキビ跡!消す方法や、目立たなくする方法は?

    ニキビには種類があることをご存知でしょうか。ひとえにニキビ跡といっても、その種類は人によって様々です。大きく分けると3つの種類があり、それぞれ効果的な治療の方法が異なります。まずは自分のニキビ跡がどの

  • クレーターになってしまったニキビ跡。効果的な治療方法は?

    まず、ニキビの原因・症状についてご説明します。 ニキビとは、毛穴に皮脂が詰まって発生する炎症のことです。 炎症は、毛穴の中でアクネ菌が繁殖することによって起こります。アクネ菌は人間の体にとって異物

  • 茶色いニキビ跡の治療法

    年齢などは関係なく、だれにでもできてしまうニキビ。赤みが目立ったり、痛がゆかったり、気になるものですよね。うっかり自分でつぶしてしまおうものなら、なかなか炎症がひかなかったり、炎症がひいたあとも、シミ

お役立ちコンテンツ カテゴリ

お役立ちコンテンツ一覧へ戻る

無料カウンセリング受付中

お気軽にご相談ください。カウンセラーが親切丁寧に対応します。

  • お電話でのお問い合わせはこちら

    新宿院:0120-559-935 銀座院:0120-415-554

    [電話受付時間] 11:00〜18:30

  • インターネットでのお問い合わせはこちら

    カウンセリングの予約

    メールは24時間受付中

  • 未成年の方へのご案内

    未成年者(20歳未満)の方が治療をお受けになられる場合、必ず保護者の方の同意が必要になります。同意書に必要事項をご記入いただき、ご来院の際にご持参ください。

    同意書のダウンロード