について USEFUL CONTENTS お役立ちコンテンツ

レーザートーニングでの肝斑治療効果を最大化する方法

女性の横顔

レーザートーニングでの肝斑治療

女性ホルモンの分泌やストレスと密接な関連があるとされる肝斑(かんぱん)。肝斑はシミの一種なのですが、通常のシミとは治療法が異なります。トラネキサム酸を配合した飲み薬が有効とされており、従来のレーザー治療ではかえって悪化するといわれています。

しかし、レーザートーニングという最新型レーザー治療法を用いることで肝斑の改善にも役立ちます。今回は肝斑の治療に悩む人向けにレーザートーニングによる肝斑治療方法について詳細をご説明します。

・効果が出る仕組み

まず知っておくべきなのは、通常のシミと肝斑の治療法は異なる、という点です。通常のシミに用いるレーザーを肝斑が出ている部位に照射してしまうと炎症を引き起こし、かえって悪化してしまう可能性があります。従来のレーザーは対象となる部位を均等に照射することができず一部分にエネルギーが集まってしまうため、肝斑の場合はこれに過敏に反応してしまうのが原因と考えられています。

肝斑の治療にはレーザートーニングのように微弱なパワーで少しずつ肝斑の原因であるメラニンを取り除く方法が望ましいとされています。

・効果が出る回数

一般的には5回〜10回ほどで効果を実感できる人が多いようです。しかし、肝斑の状態によって大きく個人差があるので一概に決まった回数というのはありません。また、肝斑の改善にはレーザーの照射レベルと抑えながら行わないと悪化につながるため、回数を行う必要があります。

・併用がおすすめな治療

レーザートーニングと併せておすすめしたい治療法は肌を内部から活性化させる治療です。具体的にいうと肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の正常なサイクルの促進、コラーゲンの生成の促進が期待できる治療法です。


それでは、代表的な治療方法を2つご紹介します。

1 U-White LED

レーザーのように肌に刺激を与えることなく、光のエネルギーを肌の内部に届けることでターンオーバーの促進やコラーゲン生成を促すのがU-White LEDです。肝斑のほかにもニキビやしわ・たるみへの治療法として有用といわれています。

2 イオン導入

肝斑や他のシミに直接的に働きかけ、メラニンの発生を抑制する効果があるといわれているのがイオン導入です。毛穴を引き締める効果もあり、美肌ケアとしても大変効果的な方法として活用されています。

肝斑の内服薬とされるトラネキサム酸を直接患部に導入しているので、レーザートーニングと併用することで高い効果が期待できます。

レーザートーニングの注意点

レーザートーニングが行えない人もいるので注意が必要です。妊娠中・授乳中の人や経口避妊薬を使用中の人、その他ステロイドを使用している人はレーザートーニングを行えません。ほかの疾患をお持ちの人も治療ができない場合があるため、必ず施術を希望する際は医師に自分の身体の状態を伝えるようにしてくださいね。

また、レーザートーニングの直後に日焼けをする予定がある人は要相談です。海水浴や登山、スポーツなどを予定している人はレーザートーニングを受けられない可能性もあるので、必ず相談するようにしてください。

カルテを記入する医師

レーザートーニングの肝斑以外への効果

レーザートーニングには肝斑への効果だけでなく、普通のシミやくすみ、そばかすやほくろなどにも効果があるといわれています。ほかにも毛穴の縮小効果やフェイスリフティング、タトゥーや刺青にも効果が期待できます。実は肝斑以外にもさまざまな肌トラブルに対応しているのですね。

ほとんどの場合、顔には肝斑だけではなく、他のシミなどが混ざって存在していることが多いです。また目に見えない肝斑が肌の奥に潜んでいる場合もあるため、通常のレーザーを照射したら色素沈着や炎症が起こった…というケースもあります。

自己判断は極力避け、自分の肌の状態を医師に診てもらい、レーザートーニングで美肌を目指してみてはいかがでしょうか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

  • 気になるニキビ跡

    ニキビ跡をケアしたい!自宅でできる対策をご紹介します

    鏡に写った姿を見るたびに気になるニキビ跡。 放っておくと、自分のケアだけでは治せなくなってしまう可能性もあります。 そうなる前にニキビ跡のケアが必要です。 ニキビ跡にはいくつかのタイプが

  • ニキビを治療するなら美容皮膚科

    ニキビ跡を治療するなら美容皮膚科へ。皮膚科やエステとの違いも解説します

    顔にできてしまうと気になってしまうニキビ。自分の顔を見るたびに「早くなくならないかな…。」と思ってしまいますよね。 セルフケアでニキビを治そうとする方も多いかもしれませんが、美容皮膚科では、セル

  • 医療脱毛とエステ脱毛の違い

    医療脱毛を推奨する理由。エステ脱毛との違いも解説します。

    美容皮膚科でもエステサロンでも、脱毛を行う事は可能です。では同じ事をやっているのでしょうか? いいえ、施術内容は異なります。当然その効果にも違いが有ります。 医療脱毛とエステ脱毛は似ているよう

  • 口周りやおでこなどの顔脱毛がメジャーに

    顔の脱毛はだんだんと一般的になっています。顔脱毛によってムダ毛ケアができるだけでなく、「肌の色が1トーン明るくなる」、「化粧のノリが良くなりやすい」などのさまざまなメリットがあることをご存知でしょうか

お役立ちコンテンツ カテゴリ

お役立ちコンテンツ一覧へ戻る

カウンセリング受付中

お気軽にご相談ください。スタッフが親切丁寧に対応します。

  • お電話でのお問い合わせはこちら

    銀座院:0120-415-554

    [電話受付時間] 11:00〜18:30

  • インターネットでのお問い合わせはこちら

    カウンセリングの予約

    メールは24時間受付中

  • 未成年の方へのご案内

    未成年者(20歳未満)の方が治療をお受けになられる場合、必ず保護者の方の同意が必要になります。同意書に必要事項をご記入いただき、ご来院の際にご持参ください。

    同意書のダウンロード