について USEFUL CONTENTS お役立ちコンテンツ

ほうれい線をなくす方法を知りたい!マッサージだけじゃない、改善方法

見た目年齢に大きく関わるほうれい線、なぜできてしまうの?

見た目年齢に大きく関わるほうれい線、なぜできてしまうの?

大手製薬会社が行なったアンケート調査によると、男性の見た目年齢は「目尻」、女性は「ほうれい線」によって大きく左右されるということが分かりました。ほうれい線が目立つと顔が下に垂れているように見えてしまうため、老けている印象を与えてしまうと考えられます。

できれば、何歳になっても見た目より下の年齢で見られたいと考えている女性は多いのではないでしょうか?

今回はほうれい線を改善するために試したい、改善方法を一挙、ご紹介します。

そもそも、ほうれい線はなぜできてしまうのでしょうか?

そもそも、ほうれい線は、シワのように見えますが、実際は顔の筋肉の境目と考えられています。表情を変えると年齢や性別関係なく、ほうれい線は現れますが、何もしていない時にもほうれい線がくっきりと残ってしまうのは避けたいところです。

ほうれい線ができる主な原因は食事や喫煙などの生活習慣や、肌の乾燥や紫外線によるものが大きいと考えられています。また、顔がむくむことで肌がたるみやすくなり、ほうれい線が目立ちやすくなってしまいます。

そのため、まずはほうれい線が目立ってしまう原因を取り除くようにしましょう。

ほうれい線対策に効果的なマッサージや生活習慣

ほうれい線が目立ってしまうのを防ぐために、有効だとネット上でもよく紹介されているのが、顔のマッサージや体操です。

いわゆる「表情筋」を動かす、顔のエクササイズをすることで、顔のハリを維持するように心がけましょう。

これらはお風呂の中で、思いっきり顔を動かしてみたり、口を大きく開けたりするなど、簡単なエクササイズでかまいません。すきま時間を活用して、実践してみましょう。

マッサージは、リンパの流れを良くして、顔にたまった老廃物の排出を促します。様々な方法が紹介されているため、自分に合ったものを探していくのが理想ですが、注意したいのがマッサージの「強さ」です。力を入れてやりすぎると、かえって皮膚が伸びてしまい、たるみの原因になってしまうことも…。

そのほかにもほうれい線に効くと考えられているツボ「りょう」や「ちそう」などを刺激するマッサージ方法も紹介されています。オフィスワークなど、あまり表情を意識しない人はリフレッシュ時に実践してみるのが良いかもしれません。

また、栄養面では肌の保湿やハリを維持するために有効とされている、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどを適量摂取することが重要でしょう。日頃の食事で補えない場合は良質なサプリを吟味するのも手です。

本気でほうれい線対策を目指すなら、メディエススキンクリニックへ

ほうれい線対策に良いといわれているエキササイズやマッサージは継続によって効果が確認できるものです。しかし、なかには「すぐに目立つほうれい線を消して、自分の見た目に自信を持ちたい」と考えている人も多いのではないでしょうか?

「すぐに効果を出したい」という人におすすめしたいのが、スキンクリニックでのしわ・たるみ治療も併せて取り入れることです。日頃のセルフケアと併せて行うことをおすすめします。

美容皮膚科のメディエススキンクリニックでは、複数の美容機器を用いて、しわやたるみにアプローチ。

タイタンXLは切らずにリフトアップが目指せるリフトアップ治療で、肌の深部を温め、コラーゲンの生成を促します。

ショッピングスレッドは、肌を極めて細い針を用いて刺激することで、肌の治癒効果をもたらし、若々しい肌づくりをサポートしてくれます。

施術後には、すぐに洗顔やメイクを行える場合がほとんどで、ダウンタイムが少ないため、日常生活に支障が少ないのがメリットです。

ほうれい線を解消して、見た目年齢の大幅ダウンを目指したい人はお気軽に相談ください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

  • 「メディカルダイエット」ご存知ですか?

    メディカルダイエットとは?痩身エステではなく医療クリニックを選ぶ理由

    ダイエット方法を調べていて、「メディカルダイエット」という言葉を耳にしたことはありますか?「医療ダイエット」とも呼ばれることもあります。クリニックによって定義はさまざまですが、ひとことでいうと「自己流

  • 医療クリニックでの施術は主に3つ

    医療クリニックの痩身施術はどんな方法があるのか、効果やメリットなど、とことん解説

    自分でおこなえるダイエット(食事制限や運動など)だけでなく、クリニックでの医療痩身や痩身エステなどを組み合わせて「ダイエットを効果的にすすめたい」と考えている方は多いのではないでしょうか? しか

  • 痩せたい・・・!痩せる方法は様々です。

    【本当に痩せたい】医療痩身と痩身エステはどう違うの?

    「今の自分の体型に満足している」と自信を持って答えられる人は少ないはず。誰しも自分のスタイルに悩みがあるものですが、もっとも多いのが「痩せたい!」という願望ではないでしょうか? また、スリムアッ

  • 医療脱毛はイタイ!は本当?

    医療脱毛はやっぱり激痛なの?医療脱毛に踏み出すために。

    医療脱毛とは、美容皮膚科などの正式な認可を受けたクリニックのみが行える施術方法です。光脱毛と比べて、高い出力でレーザー照射を行うため比較的短期間での脱毛効果が見込めると考えられています。 しかし

お役立ちコンテンツ カテゴリ

お役立ちコンテンツ一覧へ戻る

カウンセリング受付中

お気軽にご相談ください。スタッフが親切丁寧に対応します。

  • お電話でのお問い合わせはこちら

    銀座院:0120-415-554

    [電話受付時間] 11:00〜18:30

  • インターネットでのお問い合わせはこちら

    カウンセリングの予約

    メールは24時間受付中

  • 未成年の方へのご案内

    未成年者(20歳未満)の方が治療をお受けになられる場合、必ず保護者の方の同意が必要になります。同意書に必要事項をご記入いただき、ご来院の際にご持参ください。

    同意書のダウンロード