美容皮膚科 について USEFUL CONTENTS お役立ちコンテンツ

知ってるようで知らなかった!シミとそばかすの違いって?

シミとそばかすの違いについて

シミとそばかすの違いについて

女性が気になる「シミ」と「そばかす」。しかし、実はあなたがシミだと思っているものはそばかすかもしれませんし、逆の可能性もあります。
今回はシミとそばかすの違いについて詳しく解説するとともに、それぞれの原因や治療方法についても紹介したいと思います。

まず、シミとそばかすはそれぞれ原因に違いがあります。見分け方と共に、おさえておきましょう。加齢による肌のターンオーバー(肌が生まれ変わる力)の低下や、過度な紫外線を浴びると起こりやすくなります。


シミができてしまう原因は?


シミができる原因は、一言で言うと「メラニン色素の沈着」が原因とあ考えられています。メラニン色素は、よく「悪者」として見られることが多いですが、実は肌の表面で、メラニン色素を作り出すことで、肌の内側をガードしているのです。
そのため、肌のターンオーバーをいかに促進し、肌の生まれ変わりサイクルを整えてあげることが重要です。


そばかすができてしまう原因について


一方で、そばかすができる原因もメラニン色素の沈着なのです。しかし、こちらはより遺伝的な要素もあると考えられており、年齢に関係なく現れます。


シミとそばかすそれぞれの特徴


シミは正式名称を「老人性色素斑」というだけあり、40歳前後から気になり始める人が多いようです。シミは時間が経つにつれて茶色くなり、よりくっきりと沈着が目立つようになります。
一方で、そばかす(雀卵斑=じゃくらんはん)といい、文字通り卵のように細かい斑点が特徴的です。また、場所も頰や鼻のあたりにできるのが特徴的です。

シミやそばかすがどうしても気になる・・・治療方法や対策について

シミやそばかすが目立って気になる場合、どのような治療方法があるのでしょうか?また、シミやそばかすをできるだけ防ぐにはどうしたら良いのでしょうか?

シミやそばかすは皮膚ガンなどとは違い、放っておいても健康上の問題になることはありません。そのため、美容維持を目的としたクリニックで専用の機器を使用して、治療を行うことをおすすめします。

もちろん、日焼け止めを塗ったり、ビタミン群やコラーゲンを多く含む食事をとることはシミを防ぐためには大切ですが、すでにできてしまったシミをセルフケアだけ消すのは難しいものです。

また、自分でシミだと思っていたら、そばかすだったり、肝斑(かんぱん)である可能性もあります。それぞれ、治療方法が異なる場合もあるので、自己判断はせず。まずは自分の肌の状態をしっかりと医療機関で見てもらうことが大切です。

本気の治療は医療機関へ。一人一人のお悩みに向き合います。

本気の治療は医療機関へ。一人一人のお悩みに向き合います。

上記で説明したように、本当に肌の悩みを解決したい場合は自分だけでスキンケアをしてしまうのではなく、プロの力を借りることが大切です。

メディエススキンクリニックは、美容皮膚科として、女性の肌の悩みに向き合ってきました。脱毛やニキビ跡の治療、美肌注射まで多彩な治療を提供しています。

女性の肌の代表的な悩みである、シミの治療にももちろん対応しています。

しみやくすみに効果的と考えられている「レーザーフェイシャル」は、シミだけでなく、小じわの改善にも役立ちます。レーザーの熱により、メラニン色素が濃くなっている部分にダイレクトにアプローチ。

また、光のエネルギーを使用してメラニン色素の濃い部分に働きかけるフォトメディカルも、シミで悩む人が試したい機器です。肌の内側の部分、「真皮」に刺激を与えて、肌の潤いに欠かせないコラーゲンの生成も促してくれます。

このように、エステで専用の機器を使用することで、ただシミを取り除くだけではなく、肌本来の力を引き出し、活性化することも期待できるのです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

  • 知らないうちに唇にシミが!どうしてできてしまったの?

    唇のシミが気になる・・・なぜ唇にシミができてしまうの?消す方法は?

    唇にシミができているのを見つけて「こんなところにシミができるの!?」とショックを受けた経験はありますでしょうか? いつもはメイクで隠れているため、普段はあまりチェックすることのない、自分の唇。よ

  • エイジングケアとは?正しい知識を持って自分にあったエイジングケアをしましょう。

    テレビのCMや雑誌、美容品を扱う店舗でも「エイジングケア」という言葉を頻繁に見かけるようになりましたよね。「アンチエイジング」という言葉で親しんでいる人もいるかもしれません。 エイジングケアとい

  • CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)とは?ほくろやイボの治療方法について詳しくご説明します

    顔に1つでもあると、目立ちがちなほくろ。色やサイズによっては、メイクで隠すことも難しく、「周りは何も思っていなくても、自分の見た目に自信が持てない…。」と感じている女性は多いのではないでしょうか?

お役立ちコンテンツ カテゴリ

お役立ちコンテンツ一覧へ戻る

無料カウンセリング受付中

お気軽にご相談ください。カウンセラーが親切丁寧に対応します。

  • お電話でのお問い合わせはこちら

    新宿院:0120-559-935 銀座院:0120-415-554

    [電話受付時間] 11:00〜18:30

  • インターネットでのお問い合わせはこちら

    カウンセリングの予約

    メールは24時間受付中

  • 未成年の方へのご案内

    未成年者(20歳未満)の方が治療をお受けになられる場合、必ず保護者の方の同意が必要になります。同意書に必要事項をご記入いただき、ご来院の際にご持参ください。

    同意書のダウンロード