美容皮膚科 について USEFUL CONTENTS お役立ちコンテンツ

唇のシミが気になる・・・なぜ唇にシミができてしまうの?消す方法は?

知らないうちに唇にシミが!どうしてできてしまったの?

知らないうちに唇にシミが!どうしてできてしまったの?

唇にシミができているのを見つけて「こんなところにシミができるの!?」とショックを受けた経験はありますでしょうか?

いつもはメイクで隠れているため、普段はあまりチェックすることのない、自分の唇。よく観察してみると、ひょっとしたらシミができてしまっているかもしれません。

今回は「唇のシミが気になる…」という人のために、なぜ、唇にシミができてしまうか、その原因と、治療方法について解説していきます。

唇にシミができてしまう原因は?


唇にシミができる原因ですが、まず最初に知っておきたいのは「唇は顔のなかでも特にナイーブな部位」だということです。唇は皮膚が薄いため、日焼けによるダメージが蓄積しやすく、それが、シミとなって現れることがあるのです。

また、ほかの原因として考えられるのが、唇のメイク落としが十分でなく、化粧品の成分が残ってしまい、それが唇に沈着してシミとなるケースがあります。

そのほか、考えられる原因はいくつかありますが、辛いものが好きな人の場合、唇へのダメージも大きくなってしまいます。あまりに唇への刺激がおお

唇にできてしまったシミは消せる?今後の対策を解説します。

唇にできてしまったシミは消せる?今後の対策を解説します。

シミの原因はそもそも、メラニン色素の沈着です。メラニン色素とは、皮膚が紫外線などのダメージを受けたときに、肌を保護するために生み出されるものです。正常な状態であれば、このメラニン色素は肌のターンオーバー(生まれ変わり)の際に、垢となって皮膚からはがれおちていきますが、このターンオーバーのサイクルが乱れると、シミとなって残ってしまうのです。

一番の解決策は肌の正常なターンオーバーを維持すること



一般的に肌に良いとされているビタミンC(コラーゲンの生成を促す)などの摂取もおすすめですし、日焼けによるダメージを避けるために、日焼け止め用のリップクリームを塗っておくことも大切です。また、リップ専用のパックなどを定期的に行うのも効果的です。

気になる部分のシミ取りは美容皮膚科にお任せください。

気になる部分のシミ取りは美容皮膚科にお任せください。

より早くシミを改善したいという場合は、美容皮膚科での専用機器を使った治療をおすすめします。セルフケアだけでは出すことのできない効果が期待できるでしょう。

美容皮膚科のメディエススキンクリニックは、レーザーや光を用いた機器で、シミの原因となるメラニン色素を取り除くだけでなく、肌の真皮を刺激し、肌の潤いを保つコラーゲンの生成を促します。

スイッチやグレーザーは、シミやそばかすの治療に使われるレーザー機器です。そのほか、ほくろや肝斑(かんぱん)、タトゥーの除去などにも用いられます。

メディエススキンクリニックで使用している機器の特徴


メディエススキンクリニックで使用している機器の多くはダウンタイム(術後の回復期間)が短いのが特徴です。施術後もすぐにメイクが可能なので、日常生活に大きな支障をきたすことなく、肌の悩みの解決を目指せます。(ダウンタイムやメイクが可能となる時期は施術内容によって異なります。)

美容皮膚科でレーザー機器を使用すると聞くと、「肌へのダメージも大きいのでは?」と心配する人も多いかもしれません。しかし、専門スタッフが、肌の状態に合わせて、レーザーの出力を細かく調整しながら、シミなどの治療したい部位にのみ照射するようにしているため、肌へのダメージも最小限に抑えることができます。

美容皮膚科なら安心


また、万が一の肌トラブルの際にもすぐに対応してもらえるのは安心できるポイントではないでしょうか?間違ったセルフケアを続けていて、かえって肌にダメージを与えてしまう心配も少なくなります。

お肌のプロと二人三脚で理想の肌を目指していけるのは、美容皮膚科ならではのメリットです。自宅でできるセルフケアについても丁寧に指導してくれますよ。

唇のシミでお悩みの人は、ぜひ、気軽にメディエススキンクリニックに相談をしてみてはいかがでしょうか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

  • 医療脱毛はイタイ!は本当?

    医療脱毛はやっぱり激痛なの?医療脱毛に踏み出すために。

    医療脱毛とは、美容皮膚科などの正式な認可を受けたクリニックのみが行える施術方法です。光脱毛と比べて、高い出力でレーザー照射を行うため比較的短期間での脱毛効果が見込めると考えられています。 しかし

  • 最近は医療脱毛が注目されています

    医療脱毛の効果がスゴイ。エステ脱毛から医療脱毛へ移行する理由。

    脱毛には大きく分けて2種類。セルフケアでの脱毛と、エステサロンや美容皮膚科などで専門スタッフに行ってもらう脱毛があります。 セルフケアの脱毛は誰しもが一度は行ったことがあるかもしれません。カミソ

  • 今さら聞けない、”ボトックス”って何?

    ボトックス注射とは?気になる効果や副作用につい

    美容ケアで耳にする「ボトックス」。しわの改善や多汗症、わきがの治療に使われるため、聞いたことがあるかもしれません。しかしながら、「具体的にどういった治療なのかは分からない」という方が多いのではないでし

  • ほうれい線は”プチ整形”で改善する?

    ヒアルロン酸の注入でほうれい線を消す際に注意したいこと

    老化の代名詞でもある「ほうれい線」。鼻もとから口にかけて定規で引かれたようなほうれい線はメイクで隠すことも難しく「なんとかしてほうれい線を解消したい」と思っている人は多いのではないでしょうか?

お役立ちコンテンツ カテゴリ

お役立ちコンテンツ一覧へ戻る

無料カウンセリング受付中

お気軽にご相談ください。カウンセラーが親切丁寧に対応します。

  • お電話でのお問い合わせはこちら

    新宿院:0120-559-935 銀座院:0120-415-554

    [電話受付時間] 11:00〜18:30

  • インターネットでのお問い合わせはこちら

    カウンセリングの予約

    メールは24時間受付中

  • 未成年の方へのご案内

    未成年者(20歳未満)の方が治療をお受けになられる場合、必ず保護者の方の同意が必要になります。同意書に必要事項をご記入いただき、ご来院の際にご持参ください。

    同意書のダウンロード