医療脱毛 について USEFUL CONTENTS お役立ちコンテンツ

医療痩身にもダウンタイムはありますか?メディカルダイエットのギモン。

医療痩身だとダウンタイムがおこってしまうの?

医療痩身だとダウンタイムがおこってしまうの?

痩身法などをはじめ、美容施術を検討している方であれば「ダウンタイム」という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。

ダウンタイムとはひとことでいうと施術後の身体の回復期間のことです。通勤や運動の有無などそれぞれの生活習慣によってダウンタイムの定義は異なるものの、一般的な日常生活に戻れるまでの期間を指します。また、顔の美容施術の場合は、メイクができるようになるまでの期間も重要です。

医療痩身の場合、施術方法によってダウンタイムは大きく変わってきます。そのため、「術後どれだけ不自由な時間があることを許容できるか」を考えておくことも大切です。

施術の効果だけに着目しすぎると、術後すぐに仕事に戻れなくなるなどのデメリットが生じる可能性があります。

本記事では、さまざまな医療痩身法のなかでも、ダウンタイムが長くなりやすい施術を解説しています。

また、ダウンタイムが短いという特徴があるメディエススキンクリニックの医療痩身施術についても紹介していきます。

医療痩身法を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。


・ダウンタイムが長くなりやすい施術

長期間のダウンタイムを覚悟しないといけないのは、本格的な脂肪吸引手術です。脂肪吸引手術では吸引管を通して、脂肪を直接吸い取ります。管を身体に入れる分、身体へのダメージが大きくなります。

脂肪吸引手術後に座ったり、立ち上がったりという動作が痛みなくスムーズにできるようになるまでには数週間を要することもあります。

また、内出血や皮膚の硬化などさまざまな症状が治まるまでには数ヶ月を要することも。こうなると水着や露出の多い服装を楽しめるまでには時間がかかるでしょう。日常生活で気にしなければならないことが増えます。

また、体質や吸引をおこなう部位、手術の技量などによってダウンタイムも大きく変わってくるため、吸引手術を考えている方は事前にカウンセリングをおこなっておく必要があります。

ダウンタイム中にできなくなってしまうこと

ダウンタイム中にできなくなってしまうこと

前章で少し触れましたが、ダウンタイム中には行動に制限が出たり、術後の回復を促すために指示されたりすることがあります。下記を参考にしてみてください。

あくまで一例ですので、実際の施術内容によって変わってきます。

・歩行
・長時間の着席・起立など
・運転
・ストッキングやギブスによる固定
・メイク(顔の施術の場合)

そのほか、皮膚が硬くなったり、あさができたりする可能性があります。また、施術をおこなった部位が一時的に動かしづらくなることも考えられます。

そのため、仕事の内容によっては仕事を一定期間休む必要も出てくるかもしれません。

なぜメディエスの医療痩身はダウンタイムが短いのか。

なぜメディエスの医療痩身はダウンタイムが短いのか。

すべての医療痩身において、「長いダウンタイムを覚悟しなければならないか」というと、そうではありません。

実際に、メディエススキンクリニックでおこなっている部分痩せ施術は上記で紹介した脂肪吸引手術より短いダウンタイムを実現しています。

その理由は、身体へのダメージをできるだけ軽減させている点にあります。メディエススキンクリニックでは、気になる部位にアプローチできる脂肪溶解注射をおこなっています。

通常の注射と同様に特定の部位に施術を行うだけなので、日帰りでも行えます。

ダウンタイム中に起こりうる症状として、注射した部位の赤みや痛み、肌の凹凸が起こる可能性があります。しかし、これらの多くは一時的なもので、数日間で解消されます。

また、痛みをおさえるために局所麻酔を行います。そのため、麻酔後に麻痺感が残ることもあります。麻酔に関して、不安のある方は事前に相談することも可能です。

ダウンタイムの短い医療痩身をご希望の方はメディエススキンクリニックにご相談ください。


この記事を見た人はこんな記事も見ています。

  • 医療脱毛とエステ脱毛の違い

    医療脱毛を推奨する理由。エステ脱毛との違いも解説します。

    美容皮膚科でもエステサロンでも、脱毛を行う事は可能です。では同じ事をやっているのでしょうか? いいえ、施術内容は異なります。当然その効果にも違いが有ります。 医療脱毛とエステ脱毛は似ているよう

  • 口周りやおでこなどの顔脱毛がメジャーに

    顔の脱毛はだんだんと一般的になっています。顔脱毛によってムダ毛ケアができるだけでなく、「肌の色が1トーン明るくなる」、「化粧のノリが良くなりやすい」などのさまざまなメリットがあることをご存知でしょうか

  • 医療脱毛は毛嚢炎ができやすいって本当?毛嚢炎になってしまったら。

    クリニックやサロンで脱毛を行うと時折、赤いブツブツができることがあります。パッと見ただけでは「ニキビ?」と思ってしまうかもしれませんが、脱毛後の赤いブツブツには注意が必要です。脱毛後にできた赤いブツブ

お役立ちコンテンツ カテゴリ

お役立ちコンテンツ一覧へ戻る

カウンセリング受付中

お気軽にご相談ください。スタッフが親切丁寧に対応します。

  • お電話でのお問い合わせはこちら

    銀座院:0120-415-554

    [電話受付時間] 11:00〜18:30

  • インターネットでのお問い合わせはこちら

    カウンセリングの予約

    メールは24時間受付中

  • 未成年の方へのご案内

    未成年者(20歳未満)の方が治療をお受けになられる場合、必ず保護者の方の同意が必要になります。同意書に必要事項をご記入いただき、ご来院の際にご持参ください。

    同意書のダウンロード