について USEFUL CONTENTS お役立ちコンテンツ

【二日酔い対処法】二日酔い注射・点滴は銀座のメディエススキンクリニック

二日酔いで頭痛がする女性

二日酔いの原因は?

職場や友人との飲み会でついつい羽目を外して、深酒してしまうのはよくあることです。
しかし、次の日にやってくるつらい二日酔いは、早めに解消するようにすることをおすすめします。
今回は二日酔いの原因と、それを解消する方法について紹介します。

体内に取り入れたアルコールは肝臓で分解されることは、よく知られています。
肝臓に入ったアルコールは酵素などで分解され、アセトアルデヒドという物質になり、最終的にはアセテートとなって体外へ排出されます。
しかし、たくさんお酒を摂取しすぎるとこのアセトアルデヒドが分解しきれずに体内に残ってしまい、二日酔いの原因となるのです。
有害物質であるアセトアルデヒドは頭痛や吐き気など、典型的な二日酔いの症状を引き起こします。
こうなると体内の水分やビタミンバランスが崩れ、乳酸や尿酸が増えてしまうので、早めに対策を取りましょう。

二日酔いの対処方法

二日酔いの対処方法

二日酔いになってしまった場合の対処方法は①食べ物②飲み物③薬の3つです。

①二日酔いに効く食べ物編


二日酔いになると食欲が減退しがちですが、効果的な食べ物を摂取して体調を整えましょう。
口にしやすい食べ物としてはバナナやアロエヨーグルトがおすすめ。
二日酔いは体内の水分が失われている状態であるため、水分を補えるカリウムが豊富に含まれたバナナが適しているのです。

また、アロエには肝臓の働きを助ける作用があるので、ヨーグルトで取り入れてみましょう。
肝機能の働きを促進する食べ物としては、梅干しも有名です。
さらに卵にはアルコールを分解するシステインが含まれているので、卵焼きでもゆで卵でも構いませんので口にしてみてはいかがでしょうか。

②二日酔いに効く飲み物編


どうしても体が食べ物を受け付けないというときには、飲み物で体調改善を図ることをおすすめします。
まず、水をたっぷりと飲んで、水分不足の体に潤いをプラスしましょう。

その後、お味噌汁を飲むとさらに二日酔いが解消されやすくなります。
特にCMでもおなじみの「しじみの味噌汁」を選ぶとシジミに含まれている、肝機能を改善するオルニチンをたっぷり摂取できます。

③二日酔い用の薬を服用する


即効性を求めるのであれば、二日酔いの薬を服用することをおすすめします。
医療機関で処方してもらうこともできますが、急いでいる場合や軽度の二日酔いであればドラッグストアや薬局で販売されている市販薬でも大丈夫です。
二日酔いの症状に合わせて、自分に合う薬を選びましょう。

二日酔い注射・点滴

銀座で二日酔い注射をするならメディエススキンクリニック

ここまで紹介した二日酔いの対処方法で解決されない場合は、重度の二日酔いになってしまっている可能性があります。
重度の二日酔いはほおっておくと胃の粘膜が荒れて、胃潰瘍や急性胃炎を引き起こすことがあるので、一度医師の診察を受けてみてください。

銀座のメディエススキンクリニックでは、診察後に二日酔いの症状に適した二日酔い注射や点滴を行っています。
非常に即効性が高いので、すぐに体調を回復させたいと考えている方はぜひご相談ください。

また、二日酔いだけではなく慢性的な疲労に悩まされている方には、ニンニク注射が合うかもしれません。
疲労回復に効果的と言われているニンニク注射ですが、アルコールの摂取によって増加した乳酸を分解してくれるため、二日酔いの対処にも有効です。
体調に合わせた最適な治療方法を提案しておりますので、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

  • インセントラル治療

    銀座でイントラセルをお考えの方はメディエススキンクリニックへ

    ニキビ跡や妊娠線、ほうれい線やおでこのしわなど、肌にできた不自然なくぼみやしわに悩まされている人は少なくありません。 メディエススキンクリニックでは、そのような肌トラブルをお持ちのために最新の「イン

  • ニンニク注射とは

    疲労回復にニンニク注射という選択肢を|銀座の美容皮膚科ならメディエススキンクリニック


    疲労回復に効果的と言われているニンニク注射ですが、それ以外にもさまざまな効果を期待できます。 疲れがたまりやすい人にとっては気になるところですが、その一方で危険性も気になります。 今回は、メディエ

  • 従来のヒアルロン酸注入と、水光注射それぞれの特徴

    ダーマペンで期待できる効果について徹底解説します!

    しつこく、根が深いニキビ跡治療としてダーマペンが注目されています。 ここではダーマペンによる治療方法や通院回数の目安、さらに副作用や注意点などを合わせて説明していきます。 ダーマペンとは12本

お役立ちコンテンツ カテゴリ

お役立ちコンテンツ一覧へ戻る

カウンセリング受付中

お気軽にご相談ください。スタッフが親切丁寧に対応します。

  • お電話でのお問い合わせはこちら

    銀座院:0120-415-554

    [電話受付時間] 11:00〜18:30

  • インターネットでのお問い合わせはこちら

    カウンセリングの予約

    メールは24時間受付中

  • 未成年の方へのご案内

    未成年者(20歳未満)の方が治療をお受けになられる場合、必ず保護者の方の同意が必要になります。同意書に必要事項をご記入いただき、ご来院の際にご持参ください。

    同意書のダウンロード