美容 について USEFUL CONTENTS お役立ちコンテンツ

化粧水はコットンと手、どちらが肌に良い?! ~スキンケア効果を高めるお手入れのポイントについて~

日々、気をつけているスキンケア。化粧水をつける際に手でパッティングするか、コットンでパッティングするか、考えてしまったことはありませんか?どちらがお肌にいいのかについては、個人差があります。お肌の状態や体質に合わせて変えていくことが必要です。今回はコットンを用いる際と、手を用いる際の両面から見ていきたいと思います。

化粧水をコットンでパッティングする


・メリット

 コットンには凹凸が少ないため、手でパッティングするよりも肌への負担が少ないというメリットが挙げられます。また、洗った手にも細菌が残っていることがあるため、毎回清潔な状態でパッティングすることができます。コットンによって大きさや厚さが異なりますが、できるだけ毛羽立ちしていないものが良いと言われています。

・デメリット

 コットンを正しく使用しないと、肌への負担は増加します。上記の通り、毛羽立ちしやすいコットンなどは摩擦が大きく、肌を傷つけてしまうこともあります。また、強く押さえつけたり、長くおいてしまうと、コットンが必要以上にお肌の水分まで吸ってしまうため、かえって乾燥してしまうということもあります。

どの方法でも同じことがいえますが、正しい使い方をしないといけません。コットンを用いてパッティングをする際の正しい方法は、


  • 毛羽立ちしないようなコットンを選ぶ。(安いものなどはボソボソとしていますが、これはかえってお肌に悪いのでいけません。)

  • 化粧水は少し多めにつける。(化粧水の量が少ない場合、吸水性が高いコットンはお肌の水分を吸い取ってしまいます。)

  • コットンを強くお肌に押し付けない。(優しく顔に置くようにパッティングしましょう。スライドさせるとお肌に必要な繊維を壊してしまいます。)



化粧水を手でパッティングする


・メリット

 手の体温によって温められた化粧水は、より浸透します。また、手ならではの「ハンドプレス」というパッティングもできます。これは、じわーっと手で化粧水を押し込めるような感覚でパッティングする方法です。これによって乾燥を防ぎ、より深い層まで化粧水をしみこませることができます。また、細かい部分も器用に塗り込めるという点は手の方が有効です。

・デメリット

 手でパッティングする際、特に気を付けなければならないのが、摩擦による刺激です。コットンは凹凸が少ないことに比べ、手は思ったよりもガサガサしています。これでもし顔をこすってしまったらお肌はボロボロになってしまいます。よく目にするような、パンッとするパッティングは絶対にしてはいけません。あくまで化粧水を置くように、ゆっくりとしみこませることが重要です。また、手には多くの細菌が付いています。手を洗って他の場所を触るだけで、ニキビなどの原因菌がついてしまうので清潔な手で行うということには気を付けましょう。

手でパッティングする際もコットンと同じように、こすったりたたいたりはせず、じっくり浸透させるようにパッティングをすると良いです。

まとめ


いかがでしたか?今までのパッティングは間違っていませんか?お肌のために!と気を付けて塗っていたはずの化粧水が、実は悪影響を及ぼしているなんて思いませんよね。しかし、正しい方法でパッティングを行えば化粧水がお肌の奥の層まできちんと浸透し、有効成分はきちんと機能してくれます。高い化粧水でも安い化粧水でも同じです。お肌も自分の体の大切な一部として、優しく扱ってあげることが重要です。
結果、どちらが肌に良いという点では、人それぞれということになります。上記のメリット・デメリットをよく考えて実践してみてください。

美肌注射・点滴のメニューページはこちら

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

  • 小顔注射の3つのメリット

    イオン導入に効果が見込める成分と注意点

    美容皮膚科では主に、ニキビ治療にイオン導入施術が行われています。 ニキビ対策の有効成分としてはビタミンCやEがよく知られていますが、このふたつはそのまま肌に塗布してもなかなか浸透されず、根本的な改善

  • 美容点滴について

    美容点滴について

    美容点滴という言葉を聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか? 芸能人やモデルのあいだでも、取り入れられていることから、認知度が高まっている美容点滴。 体の内側に働きかけ、美しさのサ

  • 今年の花粉はいつから?

    今年の花粉症対策は大丈夫?薬ではなく注射のススメ!

    毎年多くの人を悩ませる花粉。花粉症の季節がやってくるたび「毎年、憂鬱な気分になる…」という方も多いのではないでしょうか? 2019年、花粉量がピークになるのは2月中旬といわれています。九州や本州

  • 注射はもう当たり前・・・?シャープな輪郭へ導く。

    お顔を切らずに注射で小顔。美容皮膚科で可能な小顔施術。

    顔を綺麗に引き締めて、その状態を保ちたいという方は多いものです。仕事で忙しくなり、運動がおろそかになったり、飲み会でお酒が続いたり…生活習慣の乱れはすぐに肌にあらわれます。 若いうちはなかなか顔

お役立ちコンテンツ カテゴリ

お役立ちコンテンツ一覧へ戻る

カウンセリング受付中

お気軽にご相談ください。スタッフが親切丁寧に対応します。

  • お電話でのお問い合わせはこちら

    銀座院:0120-415-554

    [電話受付時間] 11:00〜18:30

  • インターネットでのお問い合わせはこちら

    カウンセリングの予約

    メールは24時間受付中

  • 未成年の方へのご案内

    未成年者(20歳未満)の方が治療をお受けになられる場合、必ず保護者の方の同意が必要になります。同意書に必要事項をご記入いただき、ご来院の際にご持参ください。

    同意書のダウンロード