ニキビ肌改善 について USEFUL CONTENTS お役立ちコンテンツ

美肌を保ち老化を防止する「夏」に正しいスキンケアとは?!

蒸し暑くなってきて、夏本番。日差しが気になる季節になりましたね。冬の乾燥から抜け出したと思っても、夏はもっと要人が必要な季節です。紫外線はお肌にとって一番の敵だとも言われています。また、暑さによって失われる水分もお肌の大敵です。年と共に衰えてくるお肌の老化。これを予防し、改善する「夏」にふさわしいスキンケアについてご紹介します。

~夏の大敵、紫外線との向き合い方~


 夏と言えば“海”。日焼け止めクリームを塗って終わり!という方は将来シミだらけになってしまう可能性が大きくあります。若いうちにはお肌の再生能力が高いため、日焼けをしても冬にはきれいなお肌が戻ってきますが、年を重ねるうちにお肌も弱ってきてしまいます。外出するときの注意としては、まず日焼け止めクリームを塗ること。これに加えて、日焼け止めの成分が入っているファンデーションなどを重ねるとより効果的です。これだけしていても、直射日光を浴びてしまうと少なからずお肌には負担がかかります。よって、日傘なども活用すると良いです。

~日常生活においての予防・改善法~


 食生活に気をつけることによって、お肌の老化をストップさせてしまうことも可能です。紫外線に当たってしまったお肌を、綺麗なお肌に再生するためにはビタミンCが必要となってきます。そして、夏野菜にはこのビタミンCが多く入っているものが多いため、積極的に野菜を摂取しましょう。気を付ける点としては、野菜の洗いすぎや水に極力浸さないようにという点があります。これは、せっかく含まれている栄養素が水へ溶けだしてしまうためです。また、熱を加えることも同じことが言えます。極力サラダなどで食すこと。これが一番お肌にとって良い食べ方です。また、予防法としてはビタミンEが老化を防いでくれます。代表的なものではアーモンドなどのナッツ類やレバーなどにも多く含まれています。ナッツ類であれば、おやつ感覚で毎日摂取することができるので有効的です。

~「のどが渇いた。」は、危険信号!?~


 夏は特に汗をかくので、のどが渇きますよね。しかし、「あーのどが渇いたなぁ」と思ったその時にはもう手遅れです!人間は、脳の指令によって飲み物を摂取しなければという信号を出す際にはかなりの脱水状態に陥っています。これはお肌の老化を促進してしまう要素です。改善方法としては、とにかくこまめに水分をとること。朝起きて、コップ一杯の水を飲む。家事をしながらも少しずつ水分をとる。ご飯のときにもコップ一杯の水を飲む。夜寝る前にもコップ一杯の水を飲む。そして、寝る際には枕元にコップ一杯の水を置いておき、いつでも飲めるようにしておく。このぐらいしていなければ、お肌の水分量は足りないのです!外側から化粧水などで潤いをプラスすることはできますが、まずは体の内側から潤してあげましょう。

まとめ


いかがでしたか?ドキっとする方も多いかと思います。冬の乾燥から乗り越えたばかりですが、夏は特に水分不足や紫外線によってお肌の老化を進めてしまう要素が多く存在します。しかし、正しい水分補給やスキンケア、そして夏の旬の食べ物で老化を防止したり改善したりすることはできます。お肌の老化は、見た目年齢に大きく影響してきます。何年振りかの知人に会ったとき、「変わってないね!」と言われたいですよね?若い人でも、数年後、数十年後に必ず訪れる問題です。今から気をつけることはとても重要なことです。少し気を付けただけでできる改善法ですので、みなさんぜひお試しください。

美肌注射・点滴のメニューページはこちら

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

  • 髪がぺったんこ、分け目や頭皮が気になる・・・

    女性の薄毛予防で、日常的に気をつけること

    男性にはよくある薄毛の悩み。それだけに薄毛に悩む女性は「どうして自分が…」と深刻に悩んでいる方が多いものです。 髪のボリュームがなくなった…。 分け目が目立つようになった…。 前髪が後退した

  • FAGAの症状について。

    FAGAとは女性男性型脱毛症のこと。FAGAについて詳しく見ていきましょう。

    「最近、髪の毛が細くなった。」、「分け目やつむじの部分が目立つようになった。」という悩んでいる女性のなかには、自分でその原因を調べてみたという方もいらっしゃるのではないでしょうか? 女性の薄毛の

  • 薄毛治療は男性だけではありません。

    薄毛に悩む女性の方に知っていただきたい、薄毛治療について

    薄毛は男性特有の問題だと思われがちですが、実は薄毛に悩んでいる女性も多くいます。 男性であれば、薄毛であっても髪の毛を短くそろえるなどの対処法はありますが、女性の場合はそうはいかないもの。

  • 今年の花粉はいつから?

    今年の花粉症対策は大丈夫?薬ではなく注射のススメ!

    毎年多くの人を悩ませる花粉。花粉症の季節がやってくるたび「毎年、憂鬱な気分になる…」という方も多いのではないでしょうか? 2019年、花粉量がピークになるのは2月中旬といわれています。九州や本州

お役立ちコンテンツ カテゴリ

お役立ちコンテンツ一覧へ戻る

カウンセリング受付中

お気軽にご相談ください。スタッフが親切丁寧に対応します。

  • お電話でのお問い合わせはこちら

    銀座院:0120-415-554

    [電話受付時間] 11:00〜18:30

  • インターネットでのお問い合わせはこちら

    カウンセリングの予約

    メールは24時間受付中

  • 未成年の方へのご案内

    未成年者(20歳未満)の方が治療をお受けになられる場合、必ず保護者の方の同意が必要になります。同意書に必要事項をご記入いただき、ご来院の際にご持参ください。

    同意書のダウンロード