ニキビ肌改善 について USEFUL CONTENTS お役立ちコンテンツ

ニキビ跡自力で治す?皮膚科に行く?

ニキビ跡には種類がある

"やっとニキビが治ったと思ったら、ニキビ跡が残ってしまうことがあります。ニキビ跡は放置しておくとシミになることがありますし、自力では治せないほど悪化してしまう恐れがあります。
ここでは、ニキビ跡の種類や対策について解説していきます。"

一口にニキビ跡と言っても、種類があります。1番メジャーなのが、赤みのあるニキビ跡です。この赤みの原因は、毛細血管の拡張であることが多いです。ニキビによって皮膚がダメージを受けると、ダメージを修復するために毛細血管が作られ、流れる血の量が増加します。顔の皮膚は元々薄く、ニキビからダメージを受けることによりさらに薄くなるので、毛細血管が透けて見えてしまいます。これが赤みのあるニキビ跡の正体です。

また、茶色いシミが残るタイプのニキビ跡も存在します。この原因は、大量のメラニンが色素沈着を起こしてしまうことです。メラニンには色があるため、ニキビによって大量に発生したメラニンが肌の内部にとどまってしまうと、シミになってしまうことがあります。

そしてニキビ跡の中でも最も厄介なのが、クレータータイプのニキビ跡です。クレータータイプのニキビ跡はニキビ跡の最終形態であり、今までニキビ跡を長い期間放置していた人にできやすい傾向にあります。自力で治すことは難しいので、皮膚科に行くことをおすすめします。

ニキビ跡ごとに改善方法や治療法は異なる!

赤みのあるニキビ跡を治すには、早急に炎症を抑え、お肌のターンオーバーを促進させる必要があります。炎症を抑えるには、甘草エキス(グリチルリチル酸ジカリウム)やビタミンC誘導体などの成分が含まれた化粧水や美容液を使うのが良いでしょう。ターンオーバーを促進するには、たっぷりと睡眠をとり、栄養バランスの良い食事をとることがポイントです。茶色いシミが残るタイプのニキビ跡に関しても、ターンオーバーを促進することは重要です。ただしこのタイプのニキビ跡の場合、ターンオーバーを促進するだけではなく、美白成分を肌に与えることも必要となります。ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの成分が含まれたスキンケア用品を使用すると良いでしょう。

最後にクレータータイプのニキビ跡ですが、先ほども触れたように、これは自力で完治させること非常に難しいため皮膚科での治療をおすすめします。

美容皮膚科とは?

早く治したい、中々治らない!そんな時はクリニックへ

"クレータータイプのニキビ跡は皮膚科に行かなければ治せないことは説明しましたが、赤みのあるタイプや茶色いシミタイプのニキビ跡に関しても、早期に治したければクリニックでの治療がおすすめです。自力で完治させようとするとどうしても時間がかかってしまいますし、肌の奥までダメージが進んで悪化したり、色素沈着を起こしたりする可能性が高まります。クリニックでは肌質に合った治療を受けることができますし、専門家から的確なアドバイスをもらえます。クリニックでの治療方法は様々で、ピーリング・光治療・針治療・レーザー治療などがあります。どんな治療方法を用いるのかは、ニキビ跡のタイプや肌質によって異なります。

また、予算や痛みの程度など、自分の希望を細かく伝え、一人ひとりにあったニキビ跡治療を行ってください。"

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

  • 髪がぺったんこ、分け目や頭皮が気になる・・・

    女性の薄毛予防で、日常的に気をつけること

    男性にはよくある薄毛の悩み。それだけに薄毛に悩む女性は「どうして自分が…」と深刻に悩んでいる方が多いものです。 髪のボリュームがなくなった…。 分け目が目立つようになった…。 前髪が後退した

  • FAGAの症状について。

    FAGAとは女性男性型脱毛症のこと。FAGAについて詳しく見ていきましょう。

    「最近、髪の毛が細くなった。」、「分け目やつむじの部分が目立つようになった。」という悩んでいる女性のなかには、自分でその原因を調べてみたという方もいらっしゃるのではないでしょうか? 女性の薄毛の

  • 薄毛治療は男性だけではありません。

    薄毛に悩む女性の方に知っていただきたい、薄毛治療について

    薄毛は男性特有の問題だと思われがちですが、実は薄毛に悩んでいる女性も多くいます。 男性であれば、薄毛であっても髪の毛を短くそろえるなどの対処法はありますが、女性の場合はそうはいかないもの。

  • 今年の花粉はいつから?

    今年の花粉症対策は大丈夫?薬ではなく注射のススメ!

    毎年多くの人を悩ませる花粉。花粉症の季節がやってくるたび「毎年、憂鬱な気分になる…」という方も多いのではないでしょうか? 2019年、花粉量がピークになるのは2月中旬といわれています。九州や本州

お役立ちコンテンツ カテゴリ

お役立ちコンテンツ一覧へ戻る

カウンセリング受付中

お気軽にご相談ください。スタッフが親切丁寧に対応します。

  • お電話でのお問い合わせはこちら

    銀座院:0120-415-554

    [電話受付時間] 11:00〜18:30

  • インターネットでのお問い合わせはこちら

    カウンセリングの予約

    メールは24時間受付中

  • 未成年の方へのご案内

    未成年者(20歳未満)の方が治療をお受けになられる場合、必ず保護者の方の同意が必要になります。同意書に必要事項をご記入いただき、ご来院の際にご持参ください。

    同意書のダウンロード