ニキビ肌改善 について USEFUL CONTENTS お役立ちコンテンツ

ニキビ跡自力で治す?皮膚科に行く?

ニキビ跡には種類がある

"やっとニキビが治ったと思ったら、ニキビ跡が残ってしまうことがあります。ニキビ跡は放置しておくとシミになることがありますし、自力では治せないほど悪化してしまう恐れがあります。
ここでは、ニキビ跡の種類や対策について解説していきます。"

一口にニキビ跡と言っても、種類があります。1番メジャーなのが、赤みのあるニキビ跡です。この赤みの原因は、毛細血管の拡張であることが多いです。ニキビによって皮膚がダメージを受けると、ダメージを修復するために毛細血管が作られ、流れる血の量が増加します。顔の皮膚は元々薄く、ニキビからダメージを受けることによりさらに薄くなるので、毛細血管が透けて見えてしまいます。これが赤みのあるニキビ跡の正体です。

また、茶色いシミが残るタイプのニキビ跡も存在します。この原因は、大量のメラニンが色素沈着を起こしてしまうことです。メラニンには色があるため、ニキビによって大量に発生したメラニンが肌の内部にとどまってしまうと、シミになってしまうことがあります。

そしてニキビ跡の中でも最も厄介なのが、クレータータイプのニキビ跡です。クレータータイプのニキビ跡はニキビ跡の最終形態であり、今までニキビ跡を長い期間放置していた人にできやすい傾向にあります。自力で治すことは難しいので、皮膚科に行くことをおすすめします。

ニキビ跡ごとに改善方法や治療法は異なる!

赤みのあるニキビ跡を治すには、早急に炎症を抑え、お肌のターンオーバーを促進させる必要があります。炎症を抑えるには、甘草エキス(グリチルリチル酸ジカリウム)やビタミンC誘導体などの成分が含まれた化粧水や美容液を使うのが良いでしょう。ターンオーバーを促進するには、たっぷりと睡眠をとり、栄養バランスの良い食事をとることがポイントです。茶色いシミが残るタイプのニキビ跡に関しても、ターンオーバーを促進することは重要です。ただしこのタイプのニキビ跡の場合、ターンオーバーを促進するだけではなく、美白成分を肌に与えることも必要となります。ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの成分が含まれたスキンケア用品を使用すると良いでしょう。

最後にクレータータイプのニキビ跡ですが、先ほども触れたように、これは自力で完治させること非常に難しいため皮膚科での治療をおすすめします。

美容皮膚科とは?

早く治したい、中々治らない!そんな時はクリニックへ

"クレータータイプのニキビ跡は皮膚科に行かなければ治せないことは説明しましたが、赤みのあるタイプや茶色いシミタイプのニキビ跡に関しても、早期に治したければクリニックでの治療がおすすめです。自力で完治させようとするとどうしても時間がかかってしまいますし、肌の奥までダメージが進んで悪化したり、色素沈着を起こしたりする可能性が高まります。クリニックでは肌質に合った治療を受けることができますし、専門家から的確なアドバイスをもらえます。クリニックでの治療方法は様々で、ピーリング・光治療・針治療・レーザー治療などがあります。どんな治療方法を用いるのかは、ニキビ跡のタイプや肌質によって異なります。

また、予算や痛みの程度など、自分の希望を細かく伝え、一人ひとりにあったニキビ跡治療を行ってください。"

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

  • 大人になるとよくできるあごのニキビ。原因はストレスってほんと?

    顔の中でもなかなか治りづらいのがあごのニキビ。気になってつい触っていると、赤い跡になって残ってしまうこともありますよね。 あごにできるニキビは外部からの刺激だけが原因ではありません。ストレスがたまる

  • おでこにできてしまったニキビ。即効性のある対処方法は?

    お肌のトラブルの代表といえばニキビですよね。顔の中でも目立つ位置にできてしまうと、恥ずかしい思いをすることもあるのではないでしょうか。おでこにできたニキビは髪の毛がかかってしまうと、よけいに悪化するた

  • 乾燥肌でもニキビはできるの?秋冬に取り入れたいニキビケア

    乾燥肌だとニキビの悩みは無縁のような気もしますが、ニキビで悩んでいる人も少なくありません。乾燥肌は肌の水分量が20パーセント以下になっており、皮脂の分泌が少ない状態になります。 皮脂が少なければニキ

  • 自宅でできる!ニキビ跡のケア方法2選

    ニキビ跡には3つのタイプがありますが、このうち自宅でのセルフケアでも跡を薄くしていけるのは赤みが残るタイプのものと色素沈着があるタイプのものです。 赤みが残ってしまったタイプは、ニキビ跡の中でも一番

お役立ちコンテンツ カテゴリ

お役立ちコンテンツ一覧へ戻る

無料カウンセリング受付中

お気軽にご相談ください。カウンセラーが親切丁寧に対応します。

  • お電話でのお問い合わせはこちら

    新宿院:0120-559-935 銀座院:0120-415-554

    [電話受付時間] 11:00〜18:30

  • インターネットでのお問い合わせはこちら

    カウンセリングの予約

    メールは24時間受付中

  • 未成年の方へのご案内

    未成年者(20歳未満)の方が治療をお受けになられる場合、必ず保護者の方の同意が必要になります。同意書に必要事項をご記入いただき、ご来院の際にご持参ください。

    同意書のダウンロード