ニキビ肌改善 について USEFUL CONTENTS お役立ちコンテンツ

ニキビ跡をケアしたい!自宅でできる対策をご紹介します

気になるニキビ跡

気になるニキビ跡。

鏡に写った姿を見るたびに気になるニキビ跡。
放っておくと、自分のケアだけでは治せなくなってしまう可能性もあります。

そうなる前にニキビ跡のケアが必要です。

ニキビ跡にはいくつかのタイプがあります。
最も多いのは赤みを帯びたタイプです。
ダメージを受けた皮膚の回復を促すために、毛細血管内の血流が増加するため赤く見えてしまうのです。

次に、茶色のタイプはメラニン色素の沈着が原因だと考えられます。
シミになってしまう可能性もあるため注意が必要です。

なかでも、セルフケアによって改善が難しいのが、クレーターのように皮膚が凸凹になってしまうケースです。

自宅でできるニキビケア

自宅でできるニキビケア

自宅でできるニキビケア①毎日のスキンケア


セルフケアである程度対処できるのは「赤みのタイプのニキビ跡」と「茶色のタイプのニキビ跡」です。

これらのタイプのニキビ跡をケアするには、肌質を改善したり、紫外線からのダメージを防いだりするほか、毛細血管にできた傷をケアする必要があります。
具体的なケアとしては美容液や化粧水をしっかりと利用するのがすすめです。

赤みのあるタイプに対しては、ビタミンC誘導体と呼ばれる成分がおすすめです。
ビタミンC誘導体は皮膚の油の分泌を抑える作用があります。
グリチルリチン酸やサリチル酸などはお肌の回復力を高める働きや、炎症を和らげる作用が期待できます。
ビタミンC誘導体が含まれている化粧水や美容液がありますので、試してみましょう。

色素沈着がある茶色のタイプでも、ビタミンC誘導体が有効です。他には美白に導くハイドロキノンやメラニンの量を抑え色素沈着を防ぐトラネキサム酸があります。
こちらも赤みのあるタイプと同様にビタミンC誘導体がたっぷり入った化粧水や美容液がおすすめです。

しかし、反対に避けた方が良い成分があることをご存知でしょうか?

代表的なのは、化粧水に入っていることもあるアルコール成分。
それ以外には、化粧品によく使われる石油系合成界面活性剤も避けた方が良いでしょう。
これらはお肌の乾燥やバリア機能の低下につながることがあります。

普段使っている化粧品・美容品にこれらの成分か含まれていないかをチェックする必要があります。
できるだけ成分表示の部分を確認することをおすすめします。

自宅でできるニキビケア②食べ物に気をつける


ニキビのケアのひとつにバランスの良い食事があります。
食事のバランスを考えた時に、不足しがちなのかたんぱく質。
お肌のターンオーバーをしっかりと促すにはたんぱく質が重要です。

たんぱく質はお肉やお魚、卵などに多く含まれるため、これらをしっかりと摂取することが大切です。

油分や糖分を多く含むお菓子やジュース類を多く摂取したり、偏った食事をとったりするとお肌にとっては良くありません。
ニキビができやすい原因のひとつになってしまう可能性もあるのです。

自宅でできるニキビケア③規則正しい生活習慣


規則正しい生活習慣も大切な要素です。

「良質な睡眠」や「適度な運動」が体の内側からの自然治癒力を高め、お肌の調子が整いやすくなります。

スマホを長時間見てしまい、夜更かししてしまうと、ブルーライトの影響でお肌のターンオーバーのサイクルを乱すことにつながります。

睡眠時間が短くなってしまうと、女性ホルモンの分泌にも影響されるといわれています。
女性ホルモンの乱れがあると、お肌にきびができやすくなってしまう可能性もあります。

また、睡眠中にはお肌の細胞が再生します。
そのため睡眠時間が短くなると、お肌の再生に影響が出てしまうこともあるのです。

肌だけでなく、健康のためにも、もう一度生活習慣を見直してみると良いかもしれません。

セルフケアに限界を感じたら・・・

赤みや茶色のタイプのニキビ跡は自宅でのセルフケアである程度対処することができます。
生活習慣の見直しや食べ物の改善をおこなっていくことをおすすめします。

しかし、クレータータイプのニキビ跡は自分で対処することは難しいでしょう。このタイプは皮膚の再生がすでに困難な状態になっています。お肌のターンオーバーがうまくいかず、炎症が深い部分まで達してしまっている可能性もあるのです。

生活習慣を整えることは大切ですが、それだけでニキビ跡がキレイになるとは限りません。
良くなったとしてもかなり長い時間かかってしまうことが予想されます。

しかし、美容皮膚科であるメディエススキンクリニックでは、クレータータイプのニキビ跡があっても治療することができます。
それ以外のニキビ跡でも、セルフケアに比べ、短時間でキレイな肌を目指すことが可能なのです。

あなたの肌質に合った治療法を選択し、鏡を見ても気にならないお肌を目指してみませんか?

ニキビ跡でお悩みなら、一人で悩まず、メディエススキンクリニックにお越しください!

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

  • 小顔注射の3つのメリット

    イオン導入に効果が見込める成分と注意点

    美容皮膚科では主に、ニキビ治療にイオン導入施術が行われています。 ニキビ対策の有効成分としてはビタミンCやEがよく知られていますが、このふたつはそのまま肌に塗布してもなかなか浸透されず、根本的な改善

  • リフトアップ

    お顔のリフトアップがしたい・・・!美容皮膚科で可能な施術一覧

    お顔のリフトアップに興味のある女性は非常に多いです。 リフトアップを行う施術として、糸やシワ取り筋肉注射などが一般的に知られています。 また、主に顎や頬、口周りのリフトアップを行うケースが多い

  • ケミカルピーリングとは

    ケミカルピーリングの施術回数や期待できる効果について

    ケミカルピーリングとは、薬品を使用して古くなった皮膚を剥がす施術です。 ニキビやシミ、シワなどへの作用が期待できるため、美容皮膚科でも広く用いられています。 ケミカルピーリングによって古い皮膚

  • 肝斑がきになる女性

    きになる肝斑、美容皮膚科で治療するメリット

    治りにくいしみと言われている肝斑。 鏡を見た時に自分の顔に肝斑ができていると「お肌のケアには気をつけているのにどうして?」と感じてしまいますよね。 紫外線のほか、女性ホルモンの分泌バランスや、

お役立ちコンテンツ カテゴリ

お役立ちコンテンツ一覧へ戻る

カウンセリング受付中

お気軽にご相談ください。スタッフが親切丁寧に対応します。

  • お電話でのお問い合わせはこちら

    銀座院:0120-415-554

    [電話受付時間] 11:00〜18:30

  • インターネットでのお問い合わせはこちら

    カウンセリングの予約

    メールは24時間受付中

  • 未成年の方へのご案内

    未成年者(20歳未満)の方が治療をお受けになられる場合、必ず保護者の方の同意が必要になります。同意書に必要事項をご記入いただき、ご来院の際にご持参ください。

    同意書のダウンロード