ニキビ肌改善 について USEFUL CONTENTS お役立ちコンテンツ

ニキビ跡を残さないためにおすすめのスキンケア化粧水

ニキビ跡が気になる時、使う化粧水はどんなものがいい?

"せっかくニキビが治っても、ニキビ跡が残り目立ってしまうことがあります。そんなニキビ跡は、種類によって原因が異なるため、症状に応じて適切な処置をすることが大切です。
ニキビ跡の改善に有効な化粧水や、避けた方がいい成分についてご紹介します。"

"ニキビ跡には実は複数の種類があり、種類によって対処方法が異なっています。主なニキビ跡としては、次の3種類があります。

(1)赤みのあるニキビ跡
(2)色素沈着があるニキビ跡
(3)クレーター状になったニキビ跡

このうち化粧水によって対処できるのは(1)(2)であり、(3)は専門家による治療が効果的です。(1)(2)の赤みや色素沈着の原因となっているのは、肌の弱りによる肌質回復の遅れや毛細血管のキズ、毛細血管の内出血、紫外線による色素沈着などです。したがって化粧水選びでは、肌質を改善できる成分や紫外線からのダメージをケアする成分が入っていることがポイントです。また化粧水によって肌質を改善し柔らかい肌にすることで、(3)のクレーターが軽減されることもあります。"

ニキビ跡に効果的な成分は?

まず赤みのあるニキビ跡に有効な成分としては、ビタミンC誘導体、サリチル酸、グリチルリチン酸が挙げられます。ビタミンC誘導体とは皮脂の過剰分泌を抑えるとともに、美白効果をもたらす成分です。サリチル酸とグリチルリチン酸は炎症を抑える効果があり、特にサリチル酸は肌の回復力を向上させたり、角質を柔らかくしたりする作用があるため、クレーター状のニキビ跡にも好影響を与えます。

また色素沈着があるニキビ跡に有効なのは、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、水溶性プラセンタエキス、トラネキサム酸などです。ハイドロキノンの美白効果はビタミンCの10倍から100倍にものぼりますが、刺激の強い成分であるため2%以内の濃度がおすすめです。水溶性プラセンタエキスは炎症を抑えたり、肌の回復力を向上させたりする効果があり、トラネキサム酸はメラニン量を抑え色素沈着を防ぐ効果があります。

ニキビ跡が気になる時、避けたほうがいい成分は?

ニキビ跡を改善するには、避けたほうがいい成分もあります。代表的なのは、アルコール成分と石油系合成界面活性剤です。化粧水に入っているアルコール成分は主にエチルアルコールであり、「エタノール」と表記されています。肌の清浄・殺菌効果がありますが、乾燥や皮脂の過剰分泌の原因にもなるため、ニキビ跡の敏感な肌には避けたほうがいい成分といえます。

また、石油系合成界面活性剤は化粧品の各種成分を皮膚に浸透させるために使われることが多くありますが、肌のバリア機能が低下する可能性があります。「硝酸」という名称のつく成分や「スルホン酸」は石油系合成界面活性剤の一種であるため、健康なお肌をキープするためには、なるべく避けるようにしましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

  • 茶色いニキビ跡の治療法

    年齢などは関係なく、だれにでもできてしまうニキビ。赤みが目立ったり、痛がゆかったり、気になるものですよね。うっかり自分でつぶしてしまおうものなら、なかなか炎症がひかなかったり、炎症がひいたあとも、シミ

  • タイプいろいろニキビ跡

    だれしも経験があるニキビ。ホルモンバランスが変わったり体調が変化すると、いつの間にか顔に赤いプツプツが現れていたりしますよね。きれいに治ればよいのですが、なかなかそうはいかないもの。紫や茶色のシミのよ

  • ニキビ跡が消えない!治らない!そんなときの対処法

    しっかりスキンケアをしていれば、お肌の自然な再生力で少しずつ改善してゆくニキビ跡ですが、どうしても時間がかかりますし、思うように治らないこともあります。つい不摂生をしてしまい、ニキビ跡が増えてしまうこ

  • ニキビ跡の治療法には、どんなものがある?

    化粧品の力を借りて一時的にニキビ跡を目立たなくすることはできますが、一番の解決法はきちんと治療することです。効果が出るまでには時間がかかるかもしれませんが、治療法をよく知り、根気よく取り組めば、きれい

お役立ちコンテンツ カテゴリ

お役立ちコンテンツ一覧へ戻る

無料カウンセリング受付中

お気軽にご相談ください。カウンセラーが親切丁寧に対応します。

  • お電話でのお問い合わせはこちら

    新宿院:0120-559-935 銀座院:0120-415-554

    [電話受付時間] 11:00〜18:30

  • インターネットでのお問い合わせはこちら

    カウンセリングの予約

    メールは24時間受付中

  • 未成年の方へのご案内

    未成年者(20歳未満)の方が治療をお受けになられる場合、必ず保護者の方の同意が必要になります。同意書に必要事項をご記入いただき、ご来院の際にご持参ください。

    同意書のダウンロード