乾燥肌でもニキビはできるの?秋冬に取り入れたいニキビケア

乾燥肌でもニキビはできるの?秋冬に取り入れたいニキビケア

ニキビって乾燥するとできなさそう。でも実は…

乾燥肌だとニキビの悩みは無縁のような気もしますが、ニキビで悩んでいる人も少なくありません。乾燥肌は肌の水分量が20パーセント以下になっており、皮脂の分泌が少ない状態になります。
皮脂が少なければニキビはできにくいように思えますが、乾燥肌の人は皮脂量が減少したことで皮脂膜が維持できなくなり、水分量が減少してしまいます。水分を十分に吸収することができないと角質層が硬くなり、毛穴がどんどん小さくなっていきます。小さくなった毛穴は少しの皮脂もすぐに詰まらせてしまうため、乾燥肌でもニキビができてしまうのです。
脂性肌のニキビができるサイクルと同じですが、乾燥肌のほうが毛穴が小さい分だけ詰まりやすいので、乾燥肌のほうがニキビができやすいのです。
ニキビができたからといって、刺激の強いクレンジングや洗顔料で顔を洗いすぎると、必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥肌を悪化させることになります。ニキビケアは大切ですが、乾燥肌の人が一日に何度も顔を洗顔すると、逆効果になってしまうこともあります。
乾燥肌をケアしようと油分の強い化粧品をつけていると、洗顔のときにキレイに落としきれなくて、それが原因でニキビができてしまうこともあるようです。

実は保湿が大事なんです!こんなケアがオススメ

ニキビができたらあまり保湿はしないほうがいいように思えますが、それは大きな間違いです。ニキビは乾燥肌によって、肌のバリア機能を低下させてしまうことが原因です。肌を保湿しなければ、さらに乾燥が広がり、肌の乾燥が悪化していきます。
しかし、やたらに油分の多い基礎化粧品を肌に塗っても、乾燥肌は治りません。美容液やクリームで油分を補っていると、肌が皮脂膜を生成する機能が弱まってしまうこともあります

ニキビケアに悩む乾燥肌の人にとって大事なのは、刺激が強い洗顔料やクリームなどはなるべく使用せず、アミノ酸や多糖類などを含んだ、肌の栄養となる物質が含まれている化粧品になります。
ニキビが出ている部分は化粧品を使うのを避けてしまいますが、あえてニキビ用の保湿化粧品を使ってみるのがおススメです。保湿することで過剰だった皮脂がおさまり、肌に潤いをもたらしてくれます。
Tゾーンが脂性肌になっている場合、乾燥肌が原因で皮脂が過剰に分泌されていることもあります。
乾燥肌の保湿ケアは肌の状態に合わせて、部分的に使用する化粧品を変えるなどしてみると、乾燥肌によるニキビも改善されていくのではないでしょうか。

ケアしても改善しない場合は、早めに病院へ

乾燥肌対策をしてみてもニキビが改善されない場合、乾燥肌が原因でないことも考えられます。特に冬場のニキビは体の冷えから発生することも考えられるので、改善しない場合は早めに病院へ行くことをおススメします。
体が冷えてしまうと血行が悪くなり、体に栄養が行き届かなくなります。肌に栄養が届かないとターンオーバーが低下し、古い角質がいつまでも肌の表面に残ってしまいます。角質が詰まりやすくなると、ニキビが発生しやすくなるのです。
また、冬の乾燥している肌に毛糸の衣類があたると、バリア機能が低下している肌に大きな刺激をあたえてしまいます。着用している衣類の素材によって、ニキビが発生しやすくなることも考えられます。
このように、ニキビが発生する原因はさまざまなことが考えられます。乾燥肌だからといって保湿ケアだけしていると、ニキビが治らず、症状が悪化してしまうこともあります。
乾燥肌はニキビだけでなく、シワや肌荒れなどのトラブルも引き起こしてしまうので、病院で治療してもらうのが理想的です。
市販しているニキビ薬もありますが、乾燥による大人ニキビにはあまり効果がないのも現状です。病院で処方してもらった薬だと、効果も期待できることでしょう。