意外と人気メニュー!VIOの医療脱毛

意外と人気メニュー!VIOの医療脱毛

VIO部分の脱毛と聞くと、やるのに勇気がいるから私は無理なんて思う人もいるでしょう。しかし、いまでは多くの女性が望んでVIOの医療脱毛をするようになりました。人気の秘訣はなんなのでしょうか?

 

そもそもVIOとは具体的にどの部分?

脱毛クリニックなどでは、女性の陰部を場所によって「V」「I」「O」と分けて呼んでいます。この部分は意外と広く、人によって毛の生え方は千差万別なので、名前を分けることで、自分が施術してもらいたい部分をきちんと説明でき、施術者も迷わず脱毛できるというわけです。

 

Vラインはビキニラインと呼ばれ、パンティをはくとはみ出してしまう部分のことです。

 

Iラインは女性器の周辺のこと。

 

Oラインは肛門の周辺のことを言います。

 

VIO脱毛のメリット・デメリット

VIOがこれほどまで人気になったのは、多くの女性が自分のデリケートゾーンの毛について悩んでいるからに他なりません。水着を着たらはみ出てしまわないか。毛が濃すぎて恥ずかしくないか。生理中の蒸れや臭い。不潔にならないか。など、この部分で起こる悩みはたくさんあるのです。しかし、脱毛してしまえば、それらの悩みを一気に解消することが出来ます。

 

また、他人のデリケートゾーンなんてほとんどの人は見たことがありません。どれくらいの範囲をどれほど薄くしたらいいか判断できないと悩む人も多いです。そういう時は、エステやサロンなら何人もの女性の施術を行ってきたプロに、カウンセリングで相談することができます。

 

VIO脱毛の最大のデメリットは、施術中に他人に見られることが恥ずかしいというものです。たしかに、自分でもあまり見ないような場所を知らない人に見られるのは恥ずかしいですよね。しかし、安心してください。相手はプロです。これまでもたくさんの女性のVIOラインを脱毛してきました。見慣れているので、施術中にまじまじ見ることなんてありません。あちらも恥ずかしい女性の気持ちはわかっているので、できるだけ素早く処理してくれます。

VIOでも脱毛出来る部分と出来ない部分がある?

プロに施術してもらう脱毛とは、強力な光のパワーで毛母細胞を破壊し、二度と生えてこないようにすることです。強い力なので、デリケートな粘膜までは脱毛することができません。医療行為が禁止されているエステの脱毛サロンでは100%してもらうことはできないでしょう。しかし、クリニックなら医療行為が認められているので、多少際どい部分でも、医者の判断で施術してもらうことができます。

 

また、レーザーやフラッシュはメラニン色素に反応するので、色素沈着で黒ずんでいる場合は、痛みがひどくなりすぎたり、ヤケドしてしまうことがあるので、照射ができないことがあります。とはいえ、最新の脱毛機種があるお店なら、ヤケドや痛みの心配が少なく、黒ずみがあっても問題なく医療脱毛をしてもらうことができます。肌の黒ずみが心配な人は、安さだけで店を決めるのではなく、そのお店の質にも注目して選んだほうがいいでしょう。

 

VIOの医療脱毛ならおまかせ下さい。

メディエススキンクリニックなら、施術から術後まで専門の女性看護師が対応してくれるので、恥ずかしいとためらっている人には特におすすめのお店です。もちろんクリニックですから、医療行為ができるため、エステではできない際どい部位まで施術してもらうことができます。資格を持った医師が診断や施術をしてくれるので安心でき、もしもトラブルが起きたときもすぐに適切な処置をしてもらえます。

 

また、メディエススキンクリニックなら、痛みが怖くてできないという人のために麻酔クリームが用意されています。痛みに弱い自覚があるなら、こうした対策の準備が整っている店で脱毛してもらったほうがいいでしょう。

 

メディエススキンクリニックは医療脱毛をはじめとした美容の悩みに特化した美容皮膚科クリニックです。数多くの実績があり、患者が全国からやってくるほど人気です。もしもVIO脱毛をする決心がついたら、ぜひメディエススキンクリニックで施術してもらいましょう。

医療脱毛のメニューページはこちら