HAIR LOSS MENU

銀座メディエススキンクリニックの
薄毛・発毛治療

THINNING HAIR

メディエススキンクリニックの薄毛・発毛治療

皮膚科専門医が治療。頭髪の生まれ変わりを促進

専用の発毛治療薬も用意。女性特有の脱毛症を改善

メディエスでは、注射治療、育毛剤、スカルプシャンプー・エッセンス、内服薬などで女性型脱毛症の治療を行っています。
また、血流促進と体質改善を目指す注射、頭皮に十分な血液を循環させるための育毛剤、世界で初めて効果と安全性が認められた発毛治療薬など様々な治療法で発毛を促します。7種のペプチドで頭皮細胞を活性化させる発毛治療も可能です。
女性型脱毛症だけでなく、AGA(男性型脱毛症)や円形脱毛症の治療にも対応しています。これまでシャンプーや育毛剤で効果がなかったり、発毛サロンやエステでも発毛を実感できなかった方もぜひご相談ください。

銀座メディエススキンクリニックの
薄毛・発毛治療治療が選ばれる理由

  • 01経験豊富な医師が最適な治療を提案!
  • 02様々な薄毛治療法を揃えている!
  • 03気軽に相談できる!

METHOD

治療方法

ヘアフィラー(DR.cyj)

DR.CYJとは?

ヘアフィラー(DR.cyj)は7種のペプチドで頭皮細胞を活性化させる発毛治療です。原則2週に1回、計4回を治療の1クールとしています。効果がでた後も定期的に治療を行う事をお勧めしております。詳しくは専門医が検査結果と共に説明させて頂きます。

このような方へ

  • 最近髪の毛が細くなったと感じている方
  • 発毛治療を始めたいとお考えの方(男性・女性共に)
  • 植毛治療後、毛の定着率を上げたい方
  • 現在使用している育毛剤の効果を上げたい方
  • 女性やAGA治療薬以外の発毛治療を希望される男性

治療の流れ

注射(ナパージュ法)で高濃度ペプチドを頭皮の中へ浸透させます。

  1. お部屋にご案内
  2. 患部を清潔にし、表皮麻酔をする。
  3. 2cm〜3cmの範囲に分ける
  4. 頭皮の表皮部分に治療薬を細かく注射(ナパージュ法)することによって、皮下組織に有効成分を行き渡らせていきます。
  5. 髪を整えて終了

※患者様の髪と頭皮の状態により異なります。詳しくは医師に相談して下さい。

女性型脱毛症治療

女性型脱毛症治療とは?

女性型脱毛症とは頭全体に抜け毛が増えて薄毛になる「びまん性脱毛症」。 女性に多く、「女性型脱毛症」ともいわれています。
男性型脱毛症のように生え際が後退したり脱毛部の境界がはっきりすることはなく、頭頂部の皮膚が透けて見えたり、分け目が目立ったりします。遺伝的要因や加齢などが主な原因とされ、中年以降の女性、特に閉経後に多くなります。
最近では若い女性にも見られ、この場合は過剰なダイエットやヘアケアなどが主な原因として指摘されています。ストレスによる血行悪化や経口避妊薬(ピル)の内服と中止によるホルモン分泌の変化なども原因となります。まずはお気軽にご相談下さい。

育毛剤

(有効成分5%) AGA治療薬とは違い、塗布タイプの育毛剤になります。女性用育毛剤も発売されております。有効成分には血管を拡張させる働きがあり、血中から栄養分を取り込み、毛母細胞へと栄養を送っている毛乳頭の働きを活発にします。
有効成分5%を服用した場合、約98%の人の薄毛が改善されています。1日2回(朝1回と夜1回の約12時間間隔で)、1回1mlを薄毛部分に塗布して自然乾燥させます。 これを守れるか守れないかで発毛効果が変わってきます。
発毛効果が感じられなかった人は継続できていない人がほとんどですので、必ず1日2回を毎日続けましょう!

スカルプシャンプー・エッセンス

KIPライン KIP スカルプヘアエッセンスは、発毛促進因子「KGF」を高濃度配合した「頭皮の美容」です。KGFの他、IGF(インシュリン様成長因子)・馬プラセンタ(Placenta)・その他6種の有効成分も配合。朝晩2回の使用で、頭皮・毛髪を健やかに保ちます。
多くの育毛剤にありがちなベタつき感がなく、さらりとした使い心地で、お出かけ前のスタイリングを邪魔しません。
※KGF(毛母細胞成長因子。別名ヒトオリゴペプチド-5、FGF-7)は、毛根部分(毛乳頭)でも産生されているグロースファクター(成長因子)です。ヘアサイクルの成長期に関与し、発毛を担当する「毛母細胞」を活性化させる働きを持っています。

内服薬

発毛治療薬(女性用) 発毛治療薬(女性用)は、女性の薄毛(びまん性脱毛症・分娩後脱毛症)や抜け毛を改善し、発毛を促す「内服薬(飲み薬)」として、世界で初めて効果と安全性が認められた薄毛治療薬(医薬品)です。
これまで、薄毛治療の内服薬は、男性対象の製品しかなく、女性の薄毛治療薬としては外用薬や頭皮への注入法しか選択肢がありませんでしたが、飲む育毛薬の登場により、女性も手軽で費用負担も抑えた薄毛治療が可能となりました。 成人は1日3カプセル(朝・昼・夕食後に1回1カプセル)を少量の水で服用。
※ 効果を得るためには最低でも3ヶ月間の服用をお勧めします。
※ 効果を持続し、美しい髪を保つためには6ヶ月から12ヶ月の長期服用を定期的に行うのがよいでしょう。
※ 微量栄養素は熱にきわめて敏感であるため、低温または常温の水での服用をおすすめします。

サプリメント

プラセンタMD 1カプセルには400㎎の豚由来のプラセンタが含有されていて、1日に4~6カプセル飲むことでプラセンタ注射1回分に近い働きが期待できるのだそうです。
高濃度のプラセンタサプリとなっていますので毛母細胞の活性化が期待できます。また健康効果としては育毛効果の他に、細胞の活性化・更年期対策・疲労回復・血行促進などが上げられます
ビオチン(ビタミンH) ビオチンは、ビタミンHと呼ばれているビタミンの一種で、コラーゲンなど他の美容成分をサポートする働きがあると言われ、美容に欠かせない成分です。 また、健康サイクルや美容トラブルに有用とされ、毎日のケアにおすすめです。毛根の活性化が期待できます。

注射治療

薄毛・育毛注射 毛根部(毛球部)の血流促進と体質改善を目的とした治療です。 1週間に1回のペースで行っていきます。

男性型脱毛症(AGA)治療

男性型脱毛症(AGA)治療

AGA(Andro Genetic Alopecia)とは、男性ホルモン型脱毛症(男性型脱毛症)を意味します。男性特有の脱毛症で、20~50代の成人男性に多く、全体的に髪が薄くなったり生え際や頭頂部の毛髪が薄くなったりするのが特徴です。
一般的にDHT(ジヒドロテストステロン)や、遺伝が関係するといわれています。
「抜け毛が増えた」「薄毛が目立つ」「生え際が後退してきた」といった悩みを持つ男性のほとんどがAGAだと言えます。AGAは進行性で何もしないでいると悪化していきます。
当院では早期改善の為、医学的根拠に基づいたAGA・薄毛治療をご提案。4~6ヶ月の治療で99.4%もの方が発毛効果を実感している、オリジナルの治療をぜひ体験してください。

育毛剤

有効成分5% AGA治療薬とは違い、塗布タイプの育毛剤になります。女性用育毛剤も発売されております。有効成分には血管を拡張させる働きがあり、血中から栄養分を取り込み、毛母細胞へと栄養を送っている毛乳頭の働きを活発にします。
有効成分5%を服用した場合、約98%の人の薄毛が改善されています。1日2回(朝1回と夜1回の約12時間間隔で)、1回1mlを薄毛部分に塗布して自然乾燥させます。 これを守れるか守れないかで発毛効果が変わってきます。
発毛効果が感じられなかった人は継続できていない人がほとんどですので、必ず1日2回を毎日続けましょう!

スカルプシャンプー・エッセンス

KIPライン KIP スカルプヘアエッセンスは、発毛促進因子「KGF」を高濃度配合した「頭皮の美容」です。KGFの他、IGF(インシュリン様成長因子)・馬プラセンタ(Placenta)・その他6種の有効成分も配合。朝晩2回の使用で、頭皮・毛髪を健やかに保ちます。
多くの育毛剤にありがちなベタつき感がなく、さらりとした使い心地で、お出かけ前のスタイリングを邪魔しません。
※KGF(毛母細胞成長因子。別名ヒトオリゴペプチド-5、FGF-7)は、毛根部分(毛乳頭)でも産生されているグロースファクター(成長因子)です。ヘアサイクルの成長期に関与し、発毛を担当する「毛母細胞」を活性化させる働きを持っています。

内服薬

AGA治療薬 AGA治療薬(成分名:フィナステリド)は男性型脱毛症(AGA)内服薬です。(女性やAGAでない脱毛症の方には無効です。)
男性型脱毛症(AGA)は、思春期以降に始まり、前頭部と頭頂部の頭髪が徐々に薄くなり、抜け毛が進行します。発症機序は、男性ホルモンの一つであるテストステロンが5α-還元酵素によりDHT(デヒドロステロン)に変換され、このDHTが毛根に働き、毛の成長を抑えてしまい、長く太い毛が育たないうちに抜けてしまうために起こります。AGA治療薬は5α-還元酵素の働きを阻害し、DHTの産生を抑えることで抜け毛が予防され、AGAが改善されます。
○AGA治療は6ヶ月以上の内服薬(AGA治療薬)の治療で90%が効果を実感3年間で98%に!

  • 1日一回一錠を服用します。
  • 毎日決めた時間に服用するとより効果的です。(特に食後でなくても問題ありません)
  • 6ヶ月以上の連続服用をすることが重要ですが早い方で3~4ヶ月で効果が見られます。
  • AGAは進行性ですので、根気強く続けることが重要です。

○AGA治療薬服用時の注意事項

  • 服用中の方は献血が禁止されています。
  • 20歳未満での安全性及び有効性は確認されていないので、未成年の方に処方することが出来ません。
  • AGA(男性型脱毛症)のみに効果があるので、円形脱毛症など他の原因の脱毛症には適用がありません。
  • 女性に対しての処方は出来ません。
  • 泌尿器科等で前立腺関連の検査を受ける場合には、AGA治療を受けていることを検査を実施する医療機関へ必ず お知らせください。
発毛治療薬(女性用) 発毛治療薬(女性用)は、女性の薄毛(びまん性脱毛症・分娩後脱毛症)や抜け毛を改善し、発毛を促す「内服薬(飲み薬)」として、世界で初めて効果と安全性が認められた薄毛治療薬(医薬品)です。
これまで、薄毛治療の内服薬は、男性対象の製品しかなく、女性の薄毛治療薬としては外用薬や頭皮への注入法しか選択肢がありませんでしたが、飲む育毛薬の登場により、女性も手軽で費用負担も抑えた薄毛治療が可能となりました。 成人は1日3カプセル(朝・昼・夕食後に1回1カプセル)を少量の水で服用。
※ 効果を得るためには最低でも3ヶ月間の服用をお勧めします。
※ 効果を持続し、美しい髪を保つためには6ヶ月から12ヶ月の長期服用を定期的に行うのがよいでしょう。
※ 微量栄養素は熱にきわめて敏感であるため、低温または常温の水での服用をおすすめします。

サプリメント

プラセンタMD 1カプセルには400㎎の豚由来のプラセンタが含有されていて、1日に4~6カプセル飲むことでプラセンタ注射1回分に近い働きが期待できるのだそうです。
高濃度のプラセンタサプリとなっていますので毛母細胞の活性化が期待できます。また健康効果としては育毛効果の他に、細胞の活性化・更年期対策・疲労回復・血行促進などが上げられます
ビオチン(ビタミンH) ビオチンは、ビタミンHと呼ばれているビタミンの一種で、コラーゲンなど他の美容成分をサポートする働きがあると言われ、美容に欠かせない成分です。 また、健康サイクルや美容トラブルに有用とされ、毎日のケアにおすすめです。毛根の活性化が期待できます。

注射治療

薄毛・育毛注射 毛根部(毛球部)の血流促進と体質改善を目的とした治療です。 1週間に1回のペースで行っていきます。

円形脱毛症治療

円形脱毛症とは?

円形脱毛症とは、ある部分の毛が突然に抜けはじめ、気が付くと円形の脱毛斑が生じているという病気です。
自己免疫疾患)
多くは頭髪の脱毛として生じますが、眉毛、まつ毛、腋毛、あごひげ、すね毛などにみられることもあります。痛みなどの苦痛を伴う症状はなく、後頭部などでは本人は気付かないこともあり周囲の人が先に気付くこともあります。
※「自己免疫疾患」とは、外部からの侵入物を攻撃することで私たちの体を守ってくれている免疫系機能に異常が生じ、自分の体の一部分を異物とみなして攻撃してしまう病気です。
円形脱毛症は、Tリンパ球が毛根を異物と間違えて攻撃してしまうために発症すると考えられており、その激しい攻撃により毛根が傷んで、元気な髪の毛でさえ突然抜け落ちてしまうのです。しかしなぜその様な異常が生じてしまうのかは、まだ明らかになっていません。まずはお気軽にご相談ください。

円形脱毛症には"生活改善"も良い薬!

円形脱毛症になったのなら、薬の服用と同時に、普段の生活改善も行なって行きましょう。
原因の一つといわれるストレスに関しては、気分転換や気の持ちようという部分も大きいですが、その他には内蔵の働きを良くすることで、体全体血行促進を良くして、円形脱毛症の治療に貢献すると言われています。
食べるものももちろんですが、適度な運動で、薬ではなり得ることができない健康を取り戻すことも円形脱毛症の治療の一つではないでしょうか?

育毛剤

有効成分5%/2% AGA治療薬とは違い、塗布タイプの育毛剤になります。女性用育毛剤も発売されております。有効成分には血管を拡張させる働きがあり、血中から栄養分を取り込み、毛母細胞へと栄養を送っている毛乳頭の働きを活発にします。
有効成分5%を服用した場合、約98%の人の薄毛が改善されています。1日2回(朝1回と夜1回の約12時間間隔で)、1回1mlを薄毛部分に塗布して自然乾燥させます。 これを守れるか守れないかで発毛効果が変わってきます。
発毛効果が感じられなかった人は継続できていない人がほとんどですので、必ず1日2回を毎日続けましょう!

スカルプシャンプー・エッセンス

KIPライン KIP スカルプヘアエッセンスは、発毛促進因子「KGF」を高濃度配合した「頭皮の美容」です。KGFの他、IGF(インシュリン様成長因子)・馬プラセンタ(Placenta)・その他6種の有効成分も配合。朝晩2回の使用で、頭皮・毛髪を健やかに保ちます。
多くの育毛剤にありがちなベタつき感がなく、さらりとした使い心地で、お出かけ前のスタイリングを邪魔しません。
※KGF(毛母細胞成長因子。別名ヒトオリゴペプチド-5、FGF-7)は、毛根部分(毛乳頭)でも産生されているグロースファクター(成長因子)です。ヘアサイクルの成長期に関与し、発毛を担当する「毛母細胞」を活性化させる働きを持っています。

サプリメント

プラセンタMD 1カプセルには400㎎の豚由来のプラセンタが含有されていて、1日に4~6カプセル飲むことでプラセンタ注射1回分に近い働きが期待できるのだそうです。
高濃度のプラセンタサプリとなっていますので毛母細胞の活性化が期待できます。また健康効果としては育毛効果の他に、細胞の活性化・更年期対策・疲労回復・血行促進などが上げられます
ビオチン(ビタミンH) ビオチンは、ビタミンHと呼ばれているビタミンの一種で、コラーゲンなど他の美容成分をサポートする働きがあると言われ、美容に欠かせない成分です。 また、健康サイクルや美容トラブルに有用とされ、毎日のケアにおすすめです。毛根の活性化が期待できます。

注射治療

薄毛・育毛注射 毛根部(毛球部)の血流促進と体質改善を目的とした治療です。 1週間に1回のペースで行っていきます。

PRICE

薄毛・発毛治療の価格

※当院は自由診療になります。

ヘアフィラー(DR.cyj)[薄毛・育毛治療]
トライアル/1回 通常価格¥50,000¥25,000
4回 ¥180,000
4回目以降/1回 ¥45,000
注射治療/1回 ¥4,000
育毛剤
ロゲイン(ミノキシジル5%)/3本セット ¥19,400
ロゲイン(ミノキシジル2%)/3本セット ¥20,400
サプリメント
プラセンタMD/1ヶ月分 ¥14,000
ビオチン(ビタミンH)/1ヶ月分 ¥1,500
内服薬
プロペシア 1mg/1ヶ月分 ¥8,500
パントガール/1ヶ月分 ¥9,000
ザガーロ 0.5mg/1ヶ月分 ¥9,500
フェナステリド『サワイ』1mg/1ヶ月分 ¥4,500

医療脱毛に関連するお役立ちコンテンツ