美容えらボトックス について USEFUL CONTENTS お役立ちコンテンツ

気になるエラをなくす!エラボトックス注射の効果とは

悩む女性

エラボトックスとその効果

小顔効果が期待できると言われているボトックス注射。しわを除去し、顔にハリを取り戻す目的で行われることが多いですが、エラの部分を目立たなくするためにエラボトックスを行う人も増えてきています。ボトックスは注射による施術だけで完結するため、エラを削るなどの大がかりな整形手術に比べ、身体への負担も少なくコスト面でもメリットが大きいです。

では、そもそもボトックス注射とはいったい何なのでしょうか?ボトックス注射によって肌に注入されるのはボツリヌス菌が作り出したたんぱく質です。こう聞くと驚く方も多いかもしれませんが、ボツリヌス菌由来のたんぱく質は美容施術に取り入れられる以前より、顔にけいれんがある患者さんなどに対して用いられており、すでに実績のある治療方法です。エラを目立たなくするために行うエラボトックスは毒性がないため、ご安心して施術を受けることが可能です。

このたんぱく質には、顔の筋肉(表情筋)の動きを抑え、しわを取る働きがあります。しわができると顔が垂れやすくなり、輪郭が崩れてしまうため、エラの部分も目立ってきてしまいます。

個人差はあるものの、施術後1週間程度からその効果を実感できる人が多いようです。また、基本的にはエラボトックス注射の翌日からメイクもできるようになるため、ダウンタイムの短さも選ばれる理由の1つです。

エラボトックスの注意点

「エラボトックスをして副作用は起こらないの?」と心配に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ボトックスによる影響は限定的です。施術後に起こる可能性がある症状についてご紹介します。

まずは頭痛が起こる可能性があります。しかし、先ほど説明したようにエラボトックスに用いるボツリヌス菌のたんぱく質は毒性がないため、毒によって引き起こされる頭痛ではありません。筋肉の収縮に影響が出ることで起こる場合があるのですが、頭痛薬を服用することで治ることがほとんどです。

注入をした部位に起こりやすいのが紅斑(こうはん)です。これは顔の毛細血管が充血して起こるもので、一過性のものです。

そのほか、まぶたが上がりにくくなったり、まつ毛が下がったりするケースがありますが、徐々に治っていくのが一般的です。

施術後はお顔のマッサージなどの刺激は避け、アルコールの摂取や激しい運動を控えます。しかし、施術当日だけですので、翌日からは普段通りの生活を送れるようになることがほとんどです。

注意点として、神経や筋肉に疾患のある方や、アレルギー症状が疑われる方、妊婦さんやお子様はエラボトックスの施術ができません。ご自分では分からない場合はエラボトックスを行なっているクリニックにご相談ください。

また、エラボトックスの効果が持続する期間は、だいたい3ヶ月から半年ほどと言われています。そのため、定期的にエラボトックス行うことをおすすめしています。

横顔が美しい女性

メディエススキンクリニックで悩みを解決!

今回はエラボトックスのメリットや注意点について解説しました。エラボトックスをはじめ、眉間など顔の気になる部分のしわ取りに効果があるボトックスは、継続的な施術によってその効果をより期待できるようになるため、信頼できるクリニックでの施術をおすすめしています。

メディエススキンクリニックでは、患者さんの悩みをヒアリングした上で、施術方法を提案致します。また、施術をして終わりではなく、患者さんと末長くおつきあいができるクリニックを目指しております。ぜひ、一度ご相談ください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

  • ほうれい線は”プチ整形”で改善する?

    ヒアルロン酸の注入でほうれい線を消す際に注意したいこと

    老化の代名詞でもある「ほうれい線」。鼻もとから口にかけて定規で引かれたようなほうれい線はメイクで隠すことも難しく「なんとかしてほうれい線を解消したい」と思っている人は多いのではないでしょうか?

  • 水光注射とは?施術の内容を徹底解説します。

    韓国で人気の水光注射、効果やメリットデメリット、日本での普及は?

    「水光注射」と呼ばれる美容ケア方法を耳にしたことのある人は多いのではないでしょうか?美容整形が日本に比べて広く行われているといわれる韓国では、有名女優から一般女性まで水光注射による施術を受けています。

  • 従来のヒアルロン酸注入と、水光注射それぞれの特徴

    気になる水光注射、ヒアルロン酸注入との違いについてご説明します。

    韓国では一般的に行われているといわれる水光注射。そして、美容成分の代表格としても知られるヒアルロン酸の注入施術。この2つが行われている美容クリニックは多いものの、「いったい何が違うの?」と、疑問に思う

  • エイジングケアとは?正しい知識を持って自分にあったエイジングケアをしましょう。

    テレビのCMや雑誌、美容品を扱う店舗でも「エイジングケア」という言葉を頻繁に見かけるようになりましたよね。「アンチエイジング」という言葉で親しんでいる人もいるかもしれません。 エイジングケアとい

お役立ちコンテンツ カテゴリ

お役立ちコンテンツ一覧へ戻る

無料カウンセリング受付中

お気軽にご相談ください。カウンセラーが親切丁寧に対応します。

  • お電話でのお問い合わせはこちら

    新宿院:0120-559-935 銀座院:0120-415-554

    [電話受付時間] 11:00〜18:30

  • インターネットでのお問い合わせはこちら

    カウンセリングの予約

    メールは24時間受付中

  • 未成年の方へのご案内

    未成年者(20歳未満)の方が治療をお受けになられる場合、必ず保護者の方の同意が必要になります。同意書に必要事項をご記入いただき、ご来院の際にご持参ください。

    同意書のダウンロード