消す について USEFUL CONTENTS お役立ちコンテンツ

嫌なニキビ跡!消す方法や、目立たなくする方法は?

ニキビ跡の種類は3種類

ニキビには種類があることをご存知でしょうか。ひとえにニキビ跡といっても、その種類は人によって様々です。大きく分けると3つの種類があり、それぞれ効果的な治療の方法が異なります。まずは自分のニキビ跡がどの種類のものか知るところから治療をスタートしましょう。
症状としては一番軽いものが赤みの残ったタイプのニキビ跡です。ニキビは毛穴が炎症を起こしている状態なので元々赤くなりやすいですが、ニキビそのものが治ったあとも赤みが残ってしまうことがあります。これはニキビが治った後皮膚が薄くなっていることによるもの。この状態から、色素沈着やクレーター状のニキビ跡に進行してしまうこともあります。
茶色く色素沈着してしまったニキビ跡は、メラニンが正常に排出されないことによるものです。ニキビができるとその周辺のターンオーバーが上手くいかず、通常自然と薄くなっていくメラニン色素がちゃんと排出されずに定着してしまうことがあるのです。
この2つのニキビ跡は皮膚の表皮が傷ついて起こるものですが、皮膚のより深い部分、真皮まで傷ついてしまうとニキビ跡が凸凹としたクレーター状になって肌に残ってしまい

ニキビ跡をメイクで消すには?

自分ではなかなか治療しにくいニキビ跡ですが、ある程度の症状のものならメイクなど、自力でも隠すことができます。
ニキビ跡を隠す上で最も重要といわれているのは化粧下地です。近頃は毛穴やニキビ跡などを隠しやすいカバー力の高いものも多いので、自分に合ったタイプを選べば肌の凹凸をかなり目立たなくすることができます。また赤みや色素沈着が気になる場合には、肌全体のトーンをととのえてくれる化粧下地を選ぶと良いでしょう。
特に気になる部分にはコンシーラーを乗せるのも大切です。どんなにカバー力のある下地でも赤みが強い部分はカバーしきれないことが多いですし、肌全体が厚塗りになってしまうと肌への負担も大きくなります。赤みや色素沈着など、特に目立つところはコンシーラーでしっかり隠しましょう。
近頃は効果が高い化粧品も増えているので、多少のニキビ跡ならベースメイクをしっかりすればほとんど目立たなくすることも可能です。ですが、やはり肌への負担はどうしても大きくなりがちです。特にデリケートなニキビ跡へコンシーラーなどを塗り込むわけですから、症状としては悪化してしまうことも考えられます。
加えて、赤みや色素沈着は隠せても、クレーター状になったニキビ跡は完全に消すことは難しいです。凹凸のない綺麗な肌を目指すのであれば、やはり根本的な治療が必要でしょう。

根本的に消すならやっぱりクリニックで

化粧品の進化のおかげで、ニキビ跡などの肌トラブルはメイクでもかなり隠せるようになってきました。ですが、肌への負担やどうしても隠せない凸凹のことなどを考えると、やはり根本的に治療してニキビ跡を消すことが一番であることは確かです。
赤みが残っているだけだから、多少色素が沈着してしまっているだけだから……。そう考えて、自宅でケアしていたりメイクで消していたりする方も多いでしょう。そのまま自然に治っていくケースもありますが、より症状が進んでクレーター状のニキビ跡になってしまうと、自分ではケアしきれなくなってしまいますよね。綺麗なお肌をメイクの力だけで作るのにも限界があります。それどころか、自力だと間違った方法でケアを続けてしまい、ニキビの症状が悪化する可能性も高いです。
そうならないためにも、ニキビが綺麗に治らず跡になってしまったと気付いたら、一度メディエススキンクリニックへ相談してみてください。比較的症状が軽い赤いニキビ跡はもちろん、色素沈着やクレーター状の凸凹なども、メディエススキンクリニックなら効果的な治療をすることが可能です。
自分ひとりで悩み、間違った知識でケアし続けては、肌の状態がより悪くなってしまう可能性もあります。そうなる前に、ニキビ跡治療のプロであるメディエススキンクリニックを頼るのがおすすめです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

  • 自宅でできる!ニキビ跡のケア方法2選

    ニキビ跡には3つのタイプがありますが、このうち自宅でのセルフケアでも跡を薄くしていけるのは赤みが残るタイプのものと色素沈着があるタイプのものです。 赤みが残ってしまったタイプは、ニキビ跡の中でも一番

  • クレーターになってしまったニキビ跡。効果的な治療方法は?

    まず、ニキビの原因・症状についてご説明します。 ニキビとは、毛穴に皮脂が詰まって発生する炎症のことです。 炎症は、毛穴の中でアクネ菌が繁殖することによって起こります。アクネ菌は人間の体にとって異物

  • 茶色いニキビ跡の治療法

    年齢などは関係なく、だれにでもできてしまうニキビ。赤みが目立ったり、痛がゆかったり、気になるものですよね。うっかり自分でつぶしてしまおうものなら、なかなか炎症がひかなかったり、炎症がひいたあとも、シミ

お役立ちコンテンツ カテゴリ

お役立ちコンテンツ一覧へ戻る

無料カウンセリング受付中

お気軽にご相談ください。カウンセラーが親切丁寧に対応します。

  • お電話でのお問い合わせはこちら

    新宿院:0120-559-935 銀座院:0120-415-554

    [電話受付時間] 11:00〜18:30

  • インターネットでのお問い合わせはこちら

    カウンセリングの予約

    メールは24時間受付中

  • 未成年の方へのご案内

    未成年者(20歳未満)の方が治療をお受けになられる場合、必ず保護者の方の同意が必要になります。同意書に必要事項をご記入いただき、ご来院の際にご持参ください。

    同意書のダウンロード