について USEFUL CONTENTS お役立ちコンテンツ

脱毛の痛みは何が原因?どこが一番痛い?

脱毛といえば痛いもの、というイメージをお持ちの方もおられるでしょう。おそらくそれは以前主流だった針脱毛のイメージではないでしょうか。針脱毛は毛根1本1本に針をさしこむ方法で、痛みが強く施術期間も長くかかる物でした。

現在では針脱毛は主流ではありません。サロンでは光脱毛、美容皮膚科では医療用レーザーを使用したレーザー脱毛が主に行われています。針脱毛はごく部分的な使用にとどまっているようです。

では今行われている光脱毛やレーザー脱毛は痛くないのでしょうか?残念ながら、痛みはあります。ではなぜ脱毛は痛いのか、その原因を解説致します。

脱毛するときの痛みはこんなところに原因がある

毛抜きでむだ毛を抜いた事はありますか?経験者ならご存知かと思いますが、あれって痛いものですよね。たかだか1本のむだ毛を抜くのに涙が出るようなこともあります。

光脱毛やレーザー脱毛の痛みは、あの痛みとはまったく違うものです。というのも、どちらの場合も施術直後にはむだ毛は生えたままで抜けないからです。ちょっと意外と思われる方もいらっしゃるかも知れませんね。いずれの場合もむだ毛が抜けるのは施術後2週間ほどたってからで、その時には痛みはありません。まったく痛くないので抜けた事に気づかないほどです。

では脱毛の際の痛みは何が原因なのでしょうか?

その説明をする為に、ちょっと毛のお話をします。毛の皮膚の下の部分、隠れて目には見えない部分を毛根といい、その根元にある膨らんだ部分が毛球という物です。毛球の下に毛乳頭があり、ここが毛細血管と繋がっています。

光脱毛とレーザー脱毛は、どちらも黒いメラニンに反応して効果を及ぼすものですが、効果を与える場所と強さに違いがあります。サロンの光脱毛は皮膚のすぐ下にある毛根にダメージを与えるもの、美容皮膚科のレーザー脱毛は更に深部にある毛乳頭を破壊するものです。レーザー脱毛のほうが効果が高い分、痛みも強い傾向があります。

痛みに対する耐性には個人差があり、光脱毛でも痛くて我慢できないと言う人もいればレーザー脱毛でも案外平気という人もいます。痛みに弱い人にも対応するため、レーザー脱毛では吸引しながら照射を行う事で痛みを軽減したり、照射方法を好みにあった物にして我慢しやすいようにしたりしてくれます。ですからあまり神経質に心配せず、一度受けてみて辛いようなら相談されるのが良いのではないでしょうか。

部位別痛さランキング

脱毛は痛いと一口に言っても、部位によって痛みの強いところ・弱いところがあります。個人差もあるのですが、ここでは一般的な意見を元にランキングを作ってみました。

痛さランキング第1位:Vライン。ここが痛いという意見がとても多かったです。もともとデリケートな部分である上、むだ毛の量も相当ある部位です。Vラインの脱毛には少し覚悟が必要・・・かもしれません。

痛さランキング第2位:脇。最も脱毛したい部位なのに痛いという意見が多いです。ただし脇は範囲が狭いので我慢できた、痛いけれど効果が抜群なので2回目以降も効果を期待して乗り切ったという意見も多くありました。

痛さランキング第3位:ひざ下。ここも人気の部位です。腕やうなじという意見も多く見られましたが、脱毛したい部位として人気があり、範囲が広いので3位としました。ひざ下にむだ毛が多い人にとってはちょっと大変かも知れませんね。

いかがでしょうか。なぜか脱毛したい人気部位がそろい踏みです。これはちょっと困りましたが、医療脱毛では痛みを軽減したり照射方法を好みのものにするなど様々な対策が考えられていますから、まずは一度試してみましょう。どうしても痛い場合はお願いすれば出力を下げるなどして調整してもらえると思います。

痛く無い脱毛方法をお探しならメディエスへ

メディエスでは、痛みの軽減を考えた最新機器をご用意しています。また様々な部位やご希望に対応する為、いくつかの脱毛機器からお選びいただく事ができます。痛みがご心配ならまずはカウンセリングで相談を。安心して脱毛施術をお受け頂けるよう、丁寧にご説明させて頂きます。

医療脱毛のメニューページはこちら


この記事を見た人はこんな記事も見ています。

  • 茶色いニキビ跡の治療法

    年齢などは関係なく、だれにでもできてしまうニキビ。赤みが目立ったり、痛がゆかったり、気になるものですよね。うっかり自分でつぶしてしまおうものなら、なかなか炎症がひかなかったり、炎症がひいたあとも、シミ

  • タイプいろいろニキビ跡

    だれしも経験があるニキビ。ホルモンバランスが変わったり体調が変化すると、いつの間にか顔に赤いプツプツが現れていたりしますよね。きれいに治ればよいのですが、なかなかそうはいかないもの。紫や茶色のシミのよ

  • ニキビ跡が消えない!治らない!そんなときの対処法

    しっかりスキンケアをしていれば、お肌の自然な再生力で少しずつ改善してゆくニキビ跡ですが、どうしても時間がかかりますし、思うように治らないこともあります。つい不摂生をしてしまい、ニキビ跡が増えてしまうこ

  • ニキビ跡の治療法には、どんなものがある?

    化粧品の力を借りて一時的にニキビ跡を目立たなくすることはできますが、一番の解決法はきちんと治療することです。効果が出るまでには時間がかかるかもしれませんが、治療法をよく知り、根気よく取り組めば、きれい

お役立ちコンテンツ カテゴリ

お役立ちコンテンツ一覧へ戻る

無料カウンセリング受付中

お気軽にご相談ください。カウンセラーが親切丁寧に対応します。

  • お電話でのお問い合わせはこちら

    新宿院:0120-559-935 銀座院:0120-415-554

    [電話受付時間] 11:00〜18:30

  • インターネットでのお問い合わせはこちら

    カウンセリングの予約

    メールは24時間受付中

  • 未成年の方へのご案内

    未成年者(20歳未満)の方が治療をお受けになられる場合、必ず保護者の方の同意が必要になります。同意書に必要事項をご記入いただき、ご来院の際にご持参ください。

    同意書のダウンロード