ニキビ肌改善 について USEFUL CONTENTS お役立ちコンテンツ

生理中のスキンケアについて、月経時の肌荒れトラブルに対応するには?

女性のお肌は様々な原因によって変化していきます。気候や健康状態、そして、生理中など。生理は避けられないものであるため、毎月悩んでいる方は多いのではないでしょうか?もう、仕方がないとあきらめている人も多いかと思います。しかし、正しい対処法を身につければ、改善されることも多くあります。今回は生理中のスキンケアについて詳しく紹介します。

なぜ、生理中は肌荒れしてしまうのか。


毎月、生理前から生理中にかけて肌荒れをしていませんか?生理がおわりお肌が整ってきた!と思ったらまた、生理がきて・・・。女性にとってお肌のトラブルは結構ストレスの要員になったりします。そのストレスも肌荒れの原因に。悪循環です。
生理前から生理中にかけて起こる肌荒れの原因は、“ホルモンバランス”の乱れです。これは、エストロゲンとプロゲステロンという成分の減少から起こっています。わかりやすくいうと、この成分によって、皮脂が異常に分泌されてしまう、お肌が固くなってしまう、水分が不足する、軽い鬱状態になる、などの症状が起きるということです。このすべてが肌荒れの原因となっているため、急に肌荒れトラブルが起きてしまうということです。

予防することはできる?


結果的にいうと、できます。しかしこれはあくまでも予防です。
生理中の肌荒れの大きな例として、ニキビがあります。これは、皮脂の異常分泌によって毛穴がふさがれてニキビができてしまうからです。これを予防するには、毛穴を綺麗にし、皮脂を詰まりにくい毛穴にするということ。日ごろから、お肌の清潔さを保ち余分な皮脂はしっかりと洗い流しておくことが必要です。

食生活にも気を付けましょう。ニキビの原因は油です。油ものばかりを摂取していると、生理中でなくても肌は荒れてしまいます。野菜や果実などを積極的に摂取しましょう。
また、生理中の弱っているお肌は紫外線の影響などにも敏感に反応してしまうので、日ごろから日焼け止めクリームを塗るなどの処置をしておかないといけません。予防することで生理中のストレスを少しでも減らすことはできます。

生理中の改善法は?


では、いざ生理中に肌が荒れてしまったらどうすればよいか紹介します。
まずは、食生活です。上記の通りホルモンバランスが崩れてしまうことで引き起こされるので、これを整える方向へもっていきましょう。日常で食べやすいものとしては、卵や山芋、大豆製品などもあります。特別変わった食品ではなく日常でも簡単に摂取することができるので、頭に入れておくことをオススメします。また、生理中の化粧には十分注意が必要です。毛穴に汚れや脂が詰まってニキビができてしまいます。ファンデーションの細かい粉などは特に詰まりやすいと言われています。使用する化粧品はできるだけお肌への負担が少ないものを選び、化粧をオフするときはいつもより念入りにした方が良いです。

最後は、睡眠です。生理中はよく眠くなることがありますが、夜になるとなかなか思うように寝付けないという方は多いです。しかし、睡眠不足はお肌の敵。寝る前に温かいものを飲んだり、アロマを焚くなどで睡眠の質を高めることも効果的です。

まとめ


女性にとっては毎月おとずれるちょっと憂鬱なとき。こんな時に限って肌荒れも・・・というダブルパンチはもういやですよね!何年も何十年も付き合っていかなければならないものです。うまく付き合って乗り越えることが重要です。お肌はとても繊細で敏感なため、少しの要因にも影響を受けやすいものです。しかし、少しの気遣いでもっともっときれいになることもできます!真っ白で陶器のようなお肌、あなたもその一人に仲間入りしましょう!

美肌注射・点滴のメニューページはこちら

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

  • 小顔注射の3つのメリット

    イオン導入に効果が見込める成分と注意点

    美容皮膚科では主に、ニキビ治療にイオン導入施術が行われています。 ニキビ対策の有効成分としてはビタミンCやEがよく知られていますが、このふたつはそのまま肌に塗布してもなかなか浸透されず、根本的な改善

  • リフトアップ

    お顔のリフトアップがしたい・・・!美容皮膚科で可能な施術一覧

    お顔のリフトアップに興味のある女性は非常に多いです。 リフトアップを行う施術として、糸やシワ取り筋肉注射などが一般的に知られています。 また、主に顎や頬、口周りのリフトアップを行うケースが多い

  • ケミカルピーリングとは

    ケミカルピーリングの施術回数や期待できる効果について

    ケミカルピーリングとは、薬品を使用して古くなった皮膚を剥がす施術です。 ニキビやシミ、シワなどへの作用が期待できるため、美容皮膚科でも広く用いられています。 ケミカルピーリングによって古い皮膚

  • 肝斑がきになる女性

    きになる肝斑、美容皮膚科で治療するメリット

    治りにくいしみと言われている肝斑。 鏡を見た時に自分の顔に肝斑ができていると「お肌のケアには気をつけているのにどうして?」と感じてしまいますよね。 紫外線のほか、女性ホルモンの分泌バランスや、

お役立ちコンテンツ カテゴリ

お役立ちコンテンツ一覧へ戻る

カウンセリング受付中

お気軽にご相談ください。スタッフが親切丁寧に対応します。

  • お電話でのお問い合わせはこちら

    銀座院:0120-415-554

    [電話受付時間] 11:00〜18:30

  • インターネットでのお問い合わせはこちら

    カウンセリングの予約

    メールは24時間受付中

  • 未成年の方へのご案内

    未成年者(20歳未満)の方が治療をお受けになられる場合、必ず保護者の方の同意が必要になります。同意書に必要事項をご記入いただき、ご来院の際にご持参ください。

    同意書のダウンロード