家でも出来る美肌対策 について USEFUL CONTENTS お役立ちコンテンツ

ニキビ・肌荒れを防止する美肌づくりとスキンケアのコツ

朝起きたら「ニキビがポツ」、「肌がガサガサでメイクがのらない」なんてことがあったら、その日一日がとても憂鬱な気分になりますよね。ニキビや肌荒れが気になって仕事や勉強にも身が入らず、他人と顔を合わせて話すことさえ億劫になります。ニキビや肌荒れとは無縁の美肌を手に入れるためにはどのようなスキンケアを行えば良いのでしょうか?美肌を保つ方法を一緒に探っていきましょう。

肌の保湿を心掛けること


クレンジングと洗顔は優しく泡で洗いましょう

メイクの汚れや皮脂が肌に残っていると、毛穴を詰まらせる原因となります。ニキビは毛穴に詰まった皮脂や汚れの中に住みつく雑菌が引き起こします。ですから、1日肌に負担をかけていたメイクと、酸化した皮脂、埃や汗などの肌にとって余分な物は洗い流さなければなりません。ですが、クレンジングと洗顔自体が肌に負担をかける行為ですので、なるべく負担のかからないように行います。肌に傷がつくと、肌を外界の刺激から守るバリア機能が低下して、乾燥しやすくなり、肌荒れやニキビの原因となります。肌のターンオーバーも崩れ、美肌が保てなくなってしまいます


  • まずは手をきれいに洗いましょう

  • ぬるま湯で顔を洗い流しましょう

  • クレンジング・洗顔料を泡立てましょう

  • たっぷりの泡を顔にのせ、泡で顔を包み込むように洗いましょう

  • 泡が残らないようにぬるま湯ですすぎ流しましょう


※洗顔は、体温より少し低めの30~35度くらいのぬるま湯で行いましょう。ぬるま湯で顔を洗い流すだけで、余分な皮脂や埃、汗を落とすことができます。メイクをしていない朝は洗顔料なしでも良いでしょう。


・化粧水での保水と乳液での保湿を十分に行いましょう

スキンケア用品はできるだけ刺激の少ないもの、自分の肌に合ったものを使うようにしましょう。個人によって十分な保水ができる化粧水の量は異なります。化粧水のボトルに書いてある適量に従ってつけ、肌の状態をみて足りないようであれば再度足すようにしましょう。化粧水は足りなさ過ぎても乾燥しますし、つけすぎても肌の表面からうるおい成分と水分が逃げてしまいます

そして、化粧水をつけた後は、水分が蒸発してしまわないうちに乳液で保湿しましょう。化粧水や乳液は、パンパンと手やコットンで叩き付けず、優しく、手のひらでつけるようにしましょう。強いコットンや手の刺激は肌に傷をつけてしまいます。手の平で顔全体を覆うようにつけることで、手の温かさで毛穴が開き、化粧水や乳液の浸透を良くする効果もあります。

美肌づくりのコツは質の良い食事と運動と睡眠


・抗酸化物質を含む食品を摂りましょう

美肌を作るためには肌の老化を防ぐことが大切です。老化を促進させる活性酸素の働きを抑える抗酸化物質を含む食品を摂るようにしましょう。(表1.主な抗酸化物質とそれらを含む食品 参照)

バランスのとれた食事を規則正しく摂って、腸の動きを促し、体内リズムを整えましょう

表1. 主な抗酸化物質とそれらを含む食品

・ウォーキングなどの軽い運動をしましょう

体を動かして、循環の改善と新陳代謝を促し、老化を予防しましょう。まずは、手軽に始められるウォーキングから挑戦しましょう。通勤や通学手段を徒歩に変えたり、積極的に階段を上ったりすることもお勧めです。

・質の良い睡眠をとりましょう

肌のターンオーバーは夜寝てから3時間が最も活発になります。早寝早起きして、生活リズムを整え、肌の再生を促す質の良い睡眠をとりましょう。

さいごに


美肌の鍵は、肌への刺激を極力抑えて保湿をしっかり行うことと、体のリズムを整えることです。今日から実践してみましょう。

美肌注射・点滴のメニューページはこちら


ニキビ治療のメニューページはこちら


ニキビ跡治療のメニューページはこちら

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

  • スキンケアは入浴後すぐがオススメ!お風呂上りに行うべきスキンケア対策について

    お風呂上りって服を着たり、髪の毛を乾かしたり、やることがたくさんあって忙しいですよね。ついつい、スキンケアを後回しにしていませんか?でも、スキンケアはお風呂から出てすぐに行うのが良いんです。お風呂上り

  • お肌に良い?!ビタミンEの効果効能・食べ方のコツについて

    肌に良いと言われる栄養成分のビタミンEにはどのような効果効能があるのでしょうか?どうやって食べると良いのでしょう?今回はビタミンEを効果的に取り入れるためのコツをご紹介していきます。

  • 「オーガニック=肌に良い」はホント?!化粧品の都市伝説について解説

    化粧品は直接肌につけるものですから、少しでも安全で安心なものを使いたいと思うのは当然ですよね。化粧品に含まれる化学物質がアレルギー反応を起こすことや、体に良くない影響を与えることが言われるようになって

お役立ちコンテンツ カテゴリ

お役立ちコンテンツ一覧へ戻る

無料カウンセリング受付中

お気軽にご相談ください。カウンセラーが親切丁寧に対応します。

  • お電話でのお問い合わせはこちら

    新宿院:0120-559-935 銀座院:0120-415-554

    [電話受付時間] 11:00〜18:30

  • インターネットでのお問い合わせはこちら

    カウンセリングの予約

    メールは24時間受付中

  • 未成年の方へのご案内

    未成年者(20歳未満)の方が治療をお受けになられる場合、必ず保護者の方の同意が必要になります。同意書に必要事項をご記入いただき、ご来院の際にご持参ください。

    同意書のダウンロード